めぐりあい―映画に生きた熊井啓との46年

個数:
  • ポイントキャンペーン

めぐりあい―映画に生きた熊井啓との46年

  • 熊井 明子【著】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 春秋社(2012/01発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 23時21分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 310p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393447222
  • NDC分類 778.21

内容説明

心揺さぶる熊井映画には、欠かせない人物がいる。それは、監督がつねに意見を求め、シナリオの協力をあおいだ妻だった。夫と二人三脚で駆けぬけた著者が、様々な人たちとの出会いと、制作エピソードを中心に、かけがえのない日々を今ふりかえる。

目次

第1章 二人のめぐりあい―縁結びの芸術家たち(福沢一郎氏と絵画の世界;ジャン・コクトー1―映画「オルフェ」 ほか)
第2章 波瀾万丈の十数年―監督人生のスタート(新婚生活のスタート;川喜多かしこ夫人と海外映画祭 ほか)
第3章 広がり、深まるテーマ(「天平の甍」の実現まで;「ひろしま」の現場体験、初心にかえる「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」 ほか)
第4章 この世を超えて(吉村昭氏と「破獄」;亡きあとも一心同体)
第5章 忘れえぬ人々(五所平之助氏と俳句と天の星;岡本太郎氏と「芸術」 ほか)

著者紹介

熊井明子[クマイアキコ]
作家。長野県松本市生まれ。信州大学教育学部(松本分校)修了。映画監督熊井啓と結婚。長年ポプリの研究につとめ、ハーブにも造詣が深い。1999年、『シェイクスピアの香り』(東京書籍)をはじめとする著作活動に対し、第7回山本安英賞を贈られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「社会派」映画監督として知られ07年に世を去った熊井啓。シナリオ執筆協力者として、妻として支えた著者が、激動の日々を振返る。