一燈園―西田天香の生涯 (新装版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

一燈園―西田天香の生涯 (新装版)

  • 三浦 隆夫【著】
  • 価格 ¥2,484(本体¥2,300)
  • 春秋社(2008/02発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 46pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 01時48分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 316p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393447192
  • NDC分類 169.1

内容説明

明治37年に創設され、現在も二百余名が京都山科の地で無所有・奉仕の共同生活を送っている一燈園。その創始者・西田天香とは一体何者なのか。猥雑な路頭の中で、徹底して懺悔の生活を貫き通した偉人の生涯。

目次

北の大地、北海道へ
夢破れ…
長浜愛染堂での大悟
天香、鴨川畔に遊ぶ
綱島梁川と中桐確太郎
思想刑事の尾行
お光の道場
倉田百三と尾崎放哉
「光」誌と『懺悔の生活』
大震災で天にひれ伏す
すわらじ劇園の誕生
一燈園と世界大戦
天香、参議院に托鉢
恐るべし、一燈園
一燈園異聞
天香と家族たち
嫡孫武、路頭に立つ
生き通しの天香

著者紹介

三浦隆夫[ミウラタカオ]
1938年北海道生まれ。1961年同志社大学英文科卒。京都新聞編集委員、論説委員を経て西本願寺中央仏教学院卒。現在、日本ペンクラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)