鳥を識(し)る―なぜ鳥と人間は似ているのか

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

鳥を識(し)る―なぜ鳥と人間は似ているのか

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2022年08月09日 20時24分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 310,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393421345
  • NDC分類 488.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

高い知能と豊かな感情を持ちヒトとの共通点も多い鳥を多角的な視点で眺め、異なる進化を遂げたヒトと鳥がなぜ似ているのかを探る。恐竜の生き残りでもある鳥は、種によっては人間の幼児と同等の高い知能と喜怒哀楽の豊かな感情を持ち、ヒトとの共通点が多い生き物でもある。生態や行動をはじめ、言語獲得やコミュニケーションなど人間の能力とも密接につながる鳥の奥深さ・魅力を自然科学と人文科学の両面から多角的に見つめ、恐竜から進化を遂げた「鳥」と、まったく異なる進化の歴史を旅した「ヒト」がなぜ似ているのかを探り、そこから発展的に「人間とは何か」という問いに答えようとする一冊。

◇鳥と人間の類似点一例
 ◎二本足で立つ
 ◎道具を使う(その手で作る)
 ◎音声でコミュニケーションする
 ◎文法に基づいた言語をもつ
 ◎豊かな感情をもつ
 ◎複雑なことを考えられる頭脳をもつ(思考し、判断することのできる大きな脳をもつ)
 ◎「娯楽」として、「遊ぶ」ことができる
 ◎発達した海馬が、空間を把握する(道や場所をおぼえる)
 ◎独自の「美学」をもつ

細川 博昭[ホソカワヒロアキ]
作家。サイエンス・ライター。鳥を中心に、歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事も執筆。おもな著作に、『インコの心理がわかる本』(誠文堂新光社)、『鳥の脳力を探る』『身近な鳥のふしぎ』『江戸時代に描かれた鳥たち』『教養として知っておくべき20の科学理論』(SBクリエイティブ)、『大江戸飼い鳥草紙』(吉川弘文館)などがある。
日本鳥学会、ヒトと動物の関係学会、生き物文化誌学会ほか所属。

内容説明

ゆたかな感情をもち、思考し、遊び、道具を使う。ゼロの概念を理解し、計画的な貯食をする…恐竜の子孫・鳥たちの奥深い世界を通して見えてくるものとは。

目次

知性とはなんだろう?
1 鳥の体と進化(恐竜が二足歩行だったから、鳥も二本足で歩く;小さく軽くなって、「恐竜」は「鳥」になった;飛ぶために進化した体;鳥の五感、鳥が感じる世界)
2 鳥の脳と行動、文化(子孫を残すためのコミュニケーション;鳥の価値観、判断能力と「美学」;発達した脳と、想像を超える知性;鳥の心と感情、鳥がもつ思考)
鳥の本質を認めることで、世界は広がるはず

著者等紹介

細川博昭[ホソカワヒロアキ]
作家。サイエンス・ライター。鳥を中心に、歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事も執筆。日本鳥学会、ヒトと動物の関係学会、生き物文化誌学会ほか所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

にしの

8
よくまとまった内容だった。最新の鳥研究事情がわかる。2019/01/22

yukision

6
インコの飼育書だけでは物足らず,幅広く鳥について知りたいと思って手に取ったが,その期待に十分応えてもらえた。鳥飼いとして,そうそう,と頷ける柔らかい話題から,トリビア的なもの,専門的な内容までコンパクトにまとめられており満足した。2018/01/24

5
読んで、すごく幸せになった 今は、経済的理由で鳥をお迎えすることはできないけど、幼少期に何種類かの鳥と過したことで、感覚的に、この本に書いてある鳥の特性はよくわかる、鳥は人間の仲間だ2018/11/05

しゅー

5
鳥好きにはたまらない一冊。 鳥の素晴らしさをいろんな角度から言っている。 鳥を深く知るほどに好きになって行く不思議な魅力ですね2017/04/23

今庄和恵@神戸元町コネクトロン

5
鳥クラスタの私にとって宝物のような本。鳥は恐竜の直系の子孫であるということの説明にかなりの頁が割かれているけど、そのおかげで深く理解。そして鳥と人間が似ているところが提示されることにより、逆に鳥と人を隔てるものは何なのか、最終的には人ってなによ?というところに思いを馳せさせられてしまう。鳥のコミュニケーションのシステムは全てに通じるものですわー。人とのコミュニケーションに疲れた人がペットに救いを求めるのはやむなし。2017/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11285465

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。