やわらかな言葉と体のレッスン

個数:
  • ポイントキャンペーン

やわらかな言葉と体のレッスン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月26日 06時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393373279
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0011

内容説明

八〇〇人を超える人と出会い濃密な対話を重ねたインタビュアーが語る、「書く」「聞く」「話す」が生まれる場所とは。

目次

伝えるために「身をよじる」ということ
聞くと訊くと聴く
言葉はどこからやってくるか
なぜ「正しさ」が他罰的な暴力になってしまうのか
客観的世界に現れる「幽霊」に足はついているか?
身の丈について考える―「自立」を可能にする思考とは
世界は世界を認識するために人間を生み出した
空間にたたずまうということ―安定と不安定のはざまで
空間につながりをもたらすコミュニケーションについて
恋愛によるコミュニケーションの深化
人はなぜ暗闇になると腰をかがめ、手を伸ばすのか
「知性」は止まれない―不安定・動き・無意識から考える
謎と問いかけ

著者等紹介

尹雄大[ユンウンデ]
1970年4月16日生まれ。フリーランサーのインタビュアー&ライター。これまでに学術研究者や文化人、アーティスト、アスリート、ヤクザに政治家など、約800人にインタビューを行って来た(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

インタビュアーとして人と向き合い続けた著者がありふれた日常にある「からだ」と世界へ問いかけ続ける方法を描き出す新しい身体論。

生きるために必要な「知性」にはどのように出会ったらよいのだろうか。
寒い冬を乗り越え、桜のつぼみがうっすらピンク色に染まり、ちらほらと咲き始めたのを見た瞬間に「!」と感じる、「からだ」とは何か。
本書では、圧倒的多数の著名人にインタビューを行い、人と人としてぶつかり合った著者が、ありふれた日常にある「からだ」と「世界」へ問いかけ続ける方法を描き出す、新しい身体論。

【著者紹介】
フリーランサーのインタビュアー&ライター。これまでに生物学者の池田清彦氏、漫才師の千原ジュニア氏、脳科学者の茂木健一郎氏や作家の川上弘美氏、保坂和志氏、ダンサーの田中泯氏、ミュージシャンの七尾旅人氏、川本真琴氏、大川興業の大川豊総裁、元ジャイアンツの桑田真澄氏など学術研究者や文化人、アーティスト、アスリート、ヤクザに政治家など、約800人にインタビューを行って来た。ライティングに関わった書籍多数。最新刊に『体の知性を取り戻す』(講談社現代新書)。