激情回路―人はなぜ「キレる」のか

個数:

激情回路―人はなぜ「キレる」のか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月25日 15時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 464p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393365489
  • NDC分類 141.6
  • Cコード C0011

内容説明

穏やかな人が、突然キレて、暴力行為に及ぶことは珍しくない。導火線に火がついたら最後、私たちの脳にある「殺し」のプログラムが作動するのだ。人間が我を忘れるのは、どのような状況においてだろうか。それは、ピンチにおいて「火事場の馬鹿力」になりうるか。常識では説明のつかない行動の意味を、スリリングに解きあかす。

目次

第1部 激情反応(突発的な暴力;激情の神経回路;トリガーは何か? ほか)
第2部 警戒警報(正しいことをすばやくやる;脅威の風味;英雄と臆病者 ほか)
第3部 調和の道(セックス、そして愛;争いに満ちた世界;回路を超えて)

著者紹介

フィールズ,R.ダグラス[フィールズ,R.ダグラス] [Fields,R.Douglas]
Ph.D。神経科学者。脳の発達、ニューロン‐グリア相互作用、記憶の細胞メカニズムに関する世界的権威。メリーランド州ベセスダの国立衛生研究所(NIH)主任研究員。1994年に国立小児保健・人間発達研究所(NICHD)の神経細胞学・生理学ユニット長、2001年にNICHDの神経系発達・可塑性セクション長に就任。学術誌『Neuron Glia Biology』編集長、および神経科学分野の学術誌数誌の編集委員を務めている。メリーランド州シルバースプリング在住

米津篤八[ヨネズトクヤ]
英語・朝鮮語翻訳家。早稲田大学政治経済学部卒。朝日新聞社勤務を経て、ソウル大学大学院国史学科修了

杉田真[スギタマコト]
日本大学通信教育部文理学部文学専攻(英文学)卒。現在、書籍などの翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)