病院で死ぬのはもったいない―「いのち」を受けとめる新しい町へ

個数:

病院で死ぬのはもったいない―「いのち」を受けとめる新しい町へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月22日 16時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393365212
  • NDC分類 498.04
  • Cコード C0011

内容説明

病・老い・障害・子育てによる孤立を防ぎ、ホスピスケアを地域の困っている人へ広げてゆくコミュニティの未来を伝える希望の書。『病院で死ぬということ』から20年。ホスピスの先駆者による「在宅ホスピス宣言」。

目次

1 地域で死ぬということ―ホスピス医として、二十年考えてきたこと(施設ホスピスで学んだこと;「ケアタウン小平」はじまる;ケアは循環する;在宅から見えてきたこと)
2 普通の暮らしを支える―在宅医として、二十年考えてきたこと(「人は死ぬまで生きているのよ」;コミュニティ緩和ケアの実際;ひとりの物語に聴く;小さな種をまく)
3 病院で死ぬのはもったいない(ホスピスは町のなかへ;在宅ホスピス医という仕事;医師よ、病棟をはなれ、町へ出よう)
4 いのちを受けとめる町へ(臨床からの出発;「ケア」と「医療」のはざま;ホスピスケアからコミュニティケアへ)
5 還りのいのちを受けとめる―老いる、病いる、そして明け渡す(往きの医療と還りの医療;老いる、病いる、明け渡す)

著者等紹介

山崎章郎[ヤマザキフミオ]
1947年、福島県生まれ。千葉大学医学部卒業後、同大学病院勤務。1984年より八日市場市民総合病院(現・匝瑳市)にて消化器医長を務め、院内外の人々とターミナルケア研究会を開催。91年より聖ヨハネ会総合病院桜町病院(東京・小金井市)に移り、05年までホスピス科部長を務める。05年10月にケアタウン小平クリニック(東京・小平市)を開設。現在、ケアタウン小平クリニック院長

二ノ坂保喜[ニノサカヤスヨシ]
1950年、長崎県生まれ。長崎大学医学部卒業後、長崎大学病院第一外科研修。その後、救急医療、地域医療の現場で経験を重ね、福岡市・福西会川波病院(現・福西会病院)等を経て、1996年よりにのさかクリニック(福岡・福岡市早良区)を開業。在宅医としてホスピスに取り組む。05年に、様々な職種とのネットワークによる「ふくおか在宅ホスピスをすすめる会」設立。11年に地域生活ケアセンター「小さなたね」を地域の人々とともに開設。バンラデシュと手をつなぐ会、NGO福岡ネットワークなど国際保健医療の分野での持続的な活動を行っている

米沢慧[ヨネザワケイ]
1942年、島根県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。批評家。少子高齢社会の家族像を模索する「ファミリー・トライアングルの会」世話人。岡村昭彦AKIHIKOゼミを主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

家で暮らし、家で死ぬ―〈在宅ホスピス〉という新たな選択がひらく、地域における看取りの実際と可能性。2人の先駆者が提起する。