ポジティブ心理学入門―「よい生き方」を科学的に考える方法

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

ポジティブ心理学入門―「よい生き方」を科学的に考える方法

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 340p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393365205
  • NDC分類 140.1
  • Cコード C0011

出版社内容情報

英米圏のビジネス・教育・医療の現場で急速に浸透している「ポジティブ心理学」。その全容と実践法を実例を交えて分かりやすく解説。

内容説明

ワクワク、ウキウキを科学する学問!?私たちの人生を本当に豊かにしてくれるものは何か。ポジティブ心理学入門の決定版。

目次

ポジティブ心理学とは何か?
ポジティブ心理学について学ぶとは―スポーツ観戦ではないということ
気持ちよさとポジティブな経験
幸せ
ポジティブ思考
強みとしての徳性
価値観
興味、能力、達成
ウェルネス
ポジティブな対人関係
よい制度
ポジティブ心理学の未来

著者等紹介

ピーターソン,クリストファー[ピーターソン,クリストファー][Peterson,Christopher]
米・ミシガン大学心理学部教授。イリノイ大学で心理学の学位を、コロラド大学で社会心理学、人格心理学の修士号および博士号を取得。ミシガン大学最優秀教授賞ほか、教育分野における受賞多数。研究論文が最も多く引用される世界の心理学者100人の1人に名を連ねる。ポジティブ心理学の創始者の一人で、ポジティブ心理学運営委員会委員。国際ポジティブ心理学会理事。The Journal of Positive Psychologyの顧問編集者ほか編集雑誌多数

宇野カオリ[ウノカオリ]
一般社団法人日本ポジティブ心理学協会代表理事。ペンシルベニア大学大学院応用ポジティブ心理学修士課程修了(応用ポジティブ心理学修士)。ペンシルベニア大学ポジティブ心理学センター客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

葉月たまの

5
再読したけど、意味不明だった><。難しすぎて、何書いてあるのか、わからない><。初読の時点では、意味不明な文章頭に入ってなかったけど、再読して、いかにこの本、意味不明だったかわかった><。何を伝えたいのか、さっぱりわからない! 難しい! ただ、おそらく、ポジティブ心理学が素晴らしい学問かも、というのは伝わってくる。だから、この分野の他の本を読んだり、この本を繰り返し読んでみよ><。ただ、この本は難しすぎて、わたしには現時点の知識ではだめだった!2014/10/18

きいち

5
事例も多く読みやすい。また、各章末のエクセサイズが、練習問題というよりも読者が当事者として考えるための誘導路となっていて、それも理解度を高めている。混乱してしまったのが、「よい人生」というものを考える際、自分の価値観をどう扱っておけばいいのか決めきれなかったこと。特に世界の各文化共通の規範の抽出である「強みとしての徳性」は重要なキーワードの一つなのだが、今後自分で使おうとするなら理論との境界線をちゃんと引いておかないといけない。せっかく、この柔らかな場所にあえて踏み込んでる一冊なのだから。2012/10/19

もくたつ(目標達成)

4
学生時代、批判的精神の大切さは学んできたけれど、楽観性の大切さというものを論拠立てで説明されたことはなかった。日本人は特に、自分及び人に対しても、社会に対してもマイナスに目をむけがちな気がする。楽観的な人間性の持つ意味合いを心理学の観点から学べたことは、自分の価値観を顧みることに繋がった。入門というには堅い内容なように思ったが、ポジティブ心理学に興味を抱かせるには十分だった。2013/10/14

PenguinTrainer

3
疾病を治す方法ではなく、人生をより良くするための学問について書かれた本。内発的動機付け(いわゆるモチベーション)やVIA-IS(強み診断)などの自己分析に利用した手法がいくつか載っているとともにもっと日常的な他人との関わり方、価値観の共有時に起きる問題なども書かれていた。悪いものを均すのではなく、良いものに気づくための科学である。2020/12/04

kaharada

3
実践的な内容ではなく若干読みにくっ!なんだけど、via-isがポジティブ心理学という学問に基づいて理論付けされたものであることがわかった。2017/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5194180

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。