生者と死者をつなぐ―鎮魂と再生のための哲学

個数:

生者と死者をつなぐ―鎮魂と再生のための哲学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月21日 07時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 211p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393333136
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0010

出版社内容情報

中学生から大人まで絶望とは何かを知る全ての人に贈るエッセイ。3・11、脳死移植、時間論などを題材に命の本質について思索する。

内容説明

亡き人を思うとき、街角でふとその面影を見るとき、私たちは、かけがえのないものを受け取っている―。3・11、脳死移植、自然と科学、美の本質というテーマを横断し、「絶望のその先」を思索する。

目次

第1章 永遠なき世界(私たちと生き続けていくいのち;永遠なき世界;看取りと鎮魂 ほか)
第2章 美しきものの記憶(美しきものの記憶;過激な美術教師;ルソーの魂の連鎖 ほか)
第3章 私たちはなぜ生きるのか(十字架の意味;悟りと身体;死へと向かう男性性 ほか)

著者等紹介

森岡正博[モリオカマサヒロ]
1958年生まれ。哲学者。大阪府立大学現代システム科学域教授。人間学・現代倫理学などを担当。研究テーマは、生命学・哲学・科学論。従来の客観的な学問の枠組を超えて、自らを棚上げすることなく果敢かつオリジナルな思索を展開、人文学の領域を大きく押し広げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

masasamm

2
高校の国語総合の教科書の一番最初に、この本に収録された「ダイヤモンドと希望」という文章が掲載されていた。ギリシャ神話の「パンドラの箱」の話やカントのことばを紹介し、人間は人間の尊厳を破壊することはできないのだと語っている。いい話だ。人間の生きている意味を考える意味でも示唆を与えてくれる。他の文章も読んでみたくなり本を購入した。たくさんいい文章がある。読む価値がある本である。ただし国語教師として気になるのは、教科書での分類である。評論と分類されているが、随筆といったほうがいい。そこに引っ掛かりを覚える。2018/05/07

るる

0
誕生肯定。私は出来ているだろうか。2015/08/15

sutekibito

0
内容的には、時宜を得ている。物足りなさはあるけど。2012/04/17

みすさぁ

0
雑誌記事を集めているような感じなので、構成はエッセイ集。筆者の洞察が非常に短くまとまっている印象を受ける。東日本大震災関連の話もあるが、中心はそれではなく、あくまでも生と死の哲学。2012/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4638987
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。