「統治(ガバナンス)」を創造する―新しい公共/オープンガバメント/リーク社会

個数:

「統治(ガバナンス)」を創造する―新しい公共/オープンガバメント/リーク社会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月25日 06時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 355p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393333129
  • NDC分類 311.04
  • Cコード C0031

目次

「統治を創造する時代」の幕開け
第1部 統治とは何か―ガバナンス/ガバメントを考える(eデモクラシー2.0―その可能性とこれからの日本政治;政府/情報が開かれる世界とは―情報の透明化とリーク社会;「政治」概念はラディカルに変化するか―オープンガバメントが切り開く新しい社会;ハイエクの思想から読み解くオープンガバメント―情報化社会における市場と政府の役割)
第2部 創造的統治の手法―社会の中で実践する(ソーシャルメディア時代の新しい社会貢献活動―「実感の連鎖」がもたらす結果としての社会参加;“3・11”にオープンガバメントはどう動いたか―小さな集団が大きな課題を扱うために;オープンガバメントと著作権―欧米の取り組みと日本への示唆;情報の「組み合わせ」がビジネスを生み出す―オープンガバメントが変えるWebサービス)
第3部 もう一度、統治を考える―未来の選択肢(悪しき統治を想像する―ディストピア小説の系譜をめぐって)

著者等紹介

西田亮介[ニシダリョウスケ]
1983年生。東洋大学非常勤講師。慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程在籍中。中小機構リサーチャー、デジタルハリウッド大学大学院非常勤講師等を兼任。専門は情報社会論と公共政策学

塚越健司[ツカゴシケンジ]
1984年生。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程在籍中。専攻は社会哲学・政治社会学。ミシェル・フーコーからウィキリークスまで幅広く研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本を揺るがした大震災。そこで人々をつなげたのは「Twitter」や「助け合いジャパン」などにおけるSNS(ソーシャルネットワーキングシステム)だった。またウィキリークスによる国家レベルの情報開示や、「Facebook」を利用したジャスミン革命など、ITを通じて、いま新しい変革が世界規模で起きている。
このように多角的に情報が絡み合うことで「創造」が生まれる世界の根底には何が潜んでいるのか。これからを考える上で避けては通れない、「プラットフォームとしての政府」とは何か。そして一人一人が世界を変えられる時代に必要なこととは。
本書では、その背景と思想を明らかにするとともに、変革しつつある状況と展望をジャーナリスティックにとらえる。われわれ自身が選択するのは「ユートピア」か。はたまた「ディストピア」か。