33個めの石―傷ついた現代のための哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 195p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393332917
  • NDC分類 104
  • Cコード C0036

内容説明

自殺、死刑制度、脳科学、環境問題、宗教の功罪、ジェンダー。現代の「痛みと希望」について思索した、魂のしずくのようなエッセイ。

目次

赦すということ
自殺について
33個めの石
恐怖を消す薬
脳と幸福
「人道的」な戦争
子どものいのち
人間と自然
パンドラの箱を開けるロボット
差別と偏見
英国帝国主義
ナショナリズム
監視カメラ
「君が代」と起立
男らしさ、女らしさ
おしゃれと化粧
中絶について
不老不死は幸せか
故郷
都市の本性
異邦人である私
加害と被害
哲学とは
エピローグ―33個めの石、ふたたび

著者等紹介

森岡正博[モリオカマサヒロ]
1958年生まれ。哲学者。大阪府立大学人間社会学部教授。人間学・現代倫理学などを担当。研究テーマは、生命学・哲学・科学論。従来の客観的な学問の枠組を超えて、自らを棚上げすることなく果敢かつオリジナルな思索を展開、人文学の領域を大きく押し広げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

家族や友だちと話しあいたくなる24のテーマを盛り込んだ、森岡流「倫理の教科書」。

33個めの石とは・・・・・・
2007年、バージニア工科大学で乱射事件が起きた。学内には、犠牲者を悼む32個の石が置かれたが、人知れず石を加えた学生がいた。33個めの石。それは自殺した犯人の追悼である。石はだれかに持ち去られた。その学生はすぐに新しい石を置いた。それもまた、持ち去られた。すると、別のだれかが新しい石を置いた。