哲学する漱石―天と私のあわいを生きる

個数:
電子版価格 ¥4,620
  • 電書あり

哲学する漱石―天と私のあわいを生きる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 07時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 518p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393332399
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0010

内容説明

近代の黎明期、“自己”と“超越”に格闘した同時代の思想家―清沢・西田・和辻・三木ら―との重なりにおいてその内的理路を剔り出す。

目次

はじめに 漱石はどのように「思想」したか
第1章 「型」喪失の時代を生きるモラリスト―思想家・夏目漱石の誕生
第2章 文芸の哲学的基礎―漱石はどのような「近代」的地平を切りひらいたか
第3章 思想小説として読む後期作品の世界―「小さな自然」から「大きな自然」へ
第4章 明治思想史のなかの「則天去私」―内在的超越の思想
第5章 「自己超越」をめぐる哲学論理―清沢満之の遺したもの
付論1 清沢満之と漱石の思想圏―明治思想界の「わが信念」
付論2 「自己/超越」の系譜―三木清の「まごころ」
おわりに 縁に随って生きる―いま・ここの「私」を、不可知の展望に委ねること

著者等紹介

長谷川徹[ハセガワトオル]
1978年、神奈川県横浜市生まれ。専修大学大学院文学研究科博士後期課程(哲学専攻)修了。博士(哲学)。専修大学文学部助教などを経て、同大学文学部哲学科および青山学院大学文学部比較芸術学科講師。専門は日本倫理思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かんちゃん

2
「則天去私」という言葉については見覚えがあったが、どのような意味なのかは考えたことがなかった。また、漱石といえば「こころ」と「吾輩は…」の印象が強く、陰鬱なのか、ユーモラスなのか、真剣なのか、斜に構えているのか、つかみきれない作者でもあった。本書では、当時の思想状況の中で、近代的自己に出会い、それを超克/解脱しようとした漱石の思想的歩みに焦点を当てている。2022/04/17

すはまっこ

0
考える観点をたくさんもらった宝箱みたいな本だった。 ・バフチンと漱石 ・「生きなければならないように生きる」という在り方について ・ケアにおける「受容」がもつ則天去私性 ・漱石における仏教とキリスト教 その他、論を進める観点として導入されていたものを応用できそうメモ ・シテによる鎮魂の物語から見るアニメ「平家物語」 ・ジェームズ「多元的宇宙」とスパイダーバース ・ベルクソンの時間論から見る始祖の巨人2022/04/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18935738
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。