禅の逆襲―生老病死のなかの仏教

個数:

禅の逆襲―生老病死のなかの仏教

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月27日 01時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 163p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393144183
  • NDC分類 188.8
  • Cコード C0015

内容説明

いま禅はどうあるべきか。仏教に救いはあるのか。仏教界を牽引する禅僧と、異色の僧医が、現代日本の社会・宗教・政治をにらみながら、縦横無尽、侃々諤々の議論を展開する刮目の書。

目次

第1章 人は裸で生まれ、裸で死ぬ―生老病死の救い(「生老病死」の現場;死を看取る;人は裸で生まれ、裸で死ぬ ほか)
第2章 魂のぶつかり合い―禅の修行・人生の修行(般若林のこと―二人の出会い;出会いが人生である;魂のぶつかり合い―師と弟子 ほか)
第3章 人の“いのち”、世界の“いのち”―未来から来る禅(禅の道を歩む;生老病死の中の禅;禅と医療の現場 ほか)

著者等紹介

有馬頼底[アリマライテイ]
1933年東京に生まれる。臨済宗相国寺派第七代管長。大本山相国寺・鹿苑寺金閣・慈照寺銀閣の住職。京都仏教会理事長。八歳で大分県日田岳林寺に入門。1955年京都相国寺僧堂に入門、修行。現代日本の仏教界を代表する禅僧。久留米藩主有馬家の血筋を引く

対本宗訓[ツシモトソウクン]
1954年愛媛県に生まれる。1979年京都大学文学部卒業。京都嵯峨天龍僧堂にて修行。1993年~2000年臨済宗佛通寺派管長・師家として国内外で禅の指導につとめる。2000年帝京大学医学部入学。同年、佛通寺派管長を辞任。2006年帝京大学医学部卒業。現在、内科医・僧医として活動の日々(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。