良寛 行に生き行に死す

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 164p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393136416
  • NDC分類 188.82
  • Cコード C0015

内容説明

鮮やかにいま、良寛の姿が蘇る。「日本人の生き方」とも重なって深い感動を呼び起こす。一途に、不器用に。「良寛の生き方」に自らの人生を重ねて、最期に、作家が見出したものとは。

目次

第1部 旅の良寛(少年時代―青春の彷徨;出家―禅との出会い;修行の日々―玉島の円通寺にて;諸国遍参―父の死、そして望郷;帰郷―空庵に孤独を囲う;五合庵再び―道元思想の実践;乙子神社草庵―無心な子供たちとの感応;老境―貞心尼、現る;入寂―辞世に込められた生死)
第2部 良寛という生き方(食に平等なるがゆえに;夜、正法眼蔵を読む;迦葉の十二頭陀行;月のうさぎと自己犠牲;龍の顎の下の宝珠;臨終の一声;愚の如く;補陀洛山円通寺;蛙声、絶えざるを聴く)

著者等紹介

立松和平[タテマツワヘイ]
1947年、栃木県宇都宮市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。在学中に、『自転車』で早稲田文学新人賞受賞。インド放浪などをへて、宇都宮市役所に勤務。1979年から文筆活動に専念。1980年『遠雷』で野間文芸新人賞、1993年『卵洗い』で坪田譲治文学賞、1997年『毒―風聞・田中正造』で毎日出版文化賞、2002年、歌舞伎上演台本『道元の月』で大谷竹次郎賞、2007年、『道元禅師』(上・下)で泉鏡花文学賞、親鸞賞(2008年)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。