PASH!ブックス<br> くまクマ熊ベアー〈14〉

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

PASH!ブックス
くまクマ熊ベアー〈14〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月02日 04時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 341p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784391152937
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

砂漠の街・デゼルトを危機から救ったユナは、王都へ報告したのち、クリモニアへ帰還。改めてミリーラへの海旅行の計画を進めることに。
アイスクリームの試作や水着作り、大人数での移動手段を考えたり……準備することはたくさん!
さらに、ティルミナ一家や孤児院の子供たち、お店の従業員などだけでなく、ルリーナとギル、そしてシアやミサ一行までも加わることに。
予想以上の大所帯で、果たしてどんな旅行になるのか……!?

みんなでお出かけのワクワクが止まらない、異世界クマっ娘冒険譚・第14弾!

内容説明

砂漠の次は海へ。引きこもりゲーマー少女が転移先で与えられたのは…クマづくしな痛快異世界、最恐(!?)クマっ娘のゆるかわ冒険譚。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

TAMA

13
旅行。子供って一言でくくってるけど、領主の娘姉妹とその友達、孤児院の子たちと一緒にお泊りに行くって!その間にくまが挟まるから!だけれど、すごい開かれた交友だなと。それとシェリー頑張った。水着の需要も観光はじまったら増えそう。マスク一つ縫うのにごそごそしている自分、観光旅行ともに身に沁みます。2020/07/13

Fuji-san

9
点5/5。今巻は表紙で分かるとおり、水着回です。サービスカットは表紙のユナと巻頭のシアの水着かな?さて、以前から話に出てきていた、ミリーラの町&海への社員旅行。この作品らしい、ゆったりのんびりほわほわ日常回でもあります。俺TUEE、内政、冒険、恋愛モノ等々、ラノベにもいろいろありますが、のんびりとした日常とクスッとするコメディを楽しむこの作品の特長がよく出ている巻です。バトルが欲しい人にはちょっと物足りないかもしれませんが、後書きによると次巻は後編となり一波乱あるとか…。今巻はのんびりを楽しみましょう。2020/01/07

た〜

7
くまさんがくまさんじゃない話。海だー 水着だー2021/04/09

はる

5
水着回 ユナがクマを脱いだレアな表紙だデゼルトの街から帰ってきて皆で海に行くほのぼのしててよろしい次回はすごいのが見つかる?面白かったです。2020/01/11

りのん

3
ミリーラの街へ旅行へ行くためにアイスクリームの試作や水着を作ったり、クマバスに揺られて街へ着いたら海で遊んだりと、ミリーラの街での楽しい旅行が始まった第14巻。旅行がメインということもあり今回は冒険や戦闘なしのワイワイした話でしたが、珍しく外でクマ装備を外してバテているユナや、旅行を楽しんでいる子供たちの姿などを見れて面白かったです。このまま何事もなく楽しく終わるのか、あるいは何か一波乱起きるのか、次巻も楽しみにしています。2021/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14694653

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。