病気丸わかりQ&Aシリーズ
うつ病のベストアンサー(ポケット版) (ポケット版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 127p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784391143256
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0077

出版社内容情報

患者が本当に知りたかった、130の疑問に3人の専門医が徹底回答! 解明が進む発症のメカニズムや抗うつ薬の効果・副作用、精神療法などを解説。うつ病と間違われやすい「双極性障害」の治療も収録しています。

[収録内容]
巻頭 うつ病治療の最前線 ~専門医に誌上特別インタビュー
1章 うつ病の症状と原因
2章 うつ病の薬物療法
3章 うつ病の精神療法
4章 環境改善と休養
5章 双極性障害
6章 家族・周囲の対応

内容説明

130の疑問に3人の専門医が徹底回答!!一人ひとりにあった改善策がきっとみつかります!

目次

第1章 うつ病の症状と原因
第2章 うつ病の薬物療法
第3章 うつ病の精神療法
第4章 環境改善と休養
第5章 双極性障害
第6章 家族・周囲の対応

著者等紹介

大野裕[オオノユタカ]
国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター長。1978年慶應義塾大学医学部卒業。85~88年米国留学。2002年慶應義塾大学(保健管理センター)教授を経て、11年より現職に。日本認知療法学会理事長。うつ病などに対する認知行動療法の第一人者として、同療法の啓発に努めている

中山和彦[ナカヤマカズヒコ]
東京慈恵会医科大学精神医学講座主任教授。1977年東京慈恵会医科大学卒業。同大学精神医学講座講師、助教授を経て、2004年より現職。この間、ロンドン大学客員教授、大連医科大学客員教授を歴任。精神薬理学、非定型精神病、女性精神医学を専門とし、うつ病の薬物療法に詳しい

加藤忠史[カトウタダフミ]
理化学研究所脳科学総合研究センター精神疾患動態研究チームリーダー。1988年東京大学医学部卒業。滋賀医科大学精神医学講座助手、東京大学医学部附属病院講師を経て、2001年より現職。双極性障害の原因解明につながる「ミトコンドリア機能障害説」を提唱するなど、国内外において同疾患の研究を牽引している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ロア ※設定変更忘れるな自分

15
私が読んだのはポケット版ではなくムックの方。先日まではムックも検索できたのに、いくら探してもポケット版しかないので致し方なくこちらで登録。ページ数が同じだからまぁいっか。ただ、このページ数が同じってのがどうやらアレらしく、字が小さい!読みにくい!とのお声も…。版の大きいムックでも字がびっしりなのに、これをまんま縮小したのがポケット版だとすると…お察しします(´ω`;)内容的には表紙にある通りQ& A 数がすごい。ただし、これが正解!というのはやはりなかなか難しいかと。薬に関しては参考になりました。2017/10/16

うえだしゆう

0
☆☆☆☆☆2018/04/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7433577

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。