歯と口を治せば、からだの不調は治る!―歯と全身をつなぐオーラル・エコロジーと歯科統合医療のすべて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784391136432
  • NDC分類 497
  • Cコード C0277

内容説明

歯周病、かみ合わせ、ドライマウス…口のトラブルが頭痛、ゆがみ、糖尿病、心身症etc.を引き起こす。

目次

第1章 歯は全身とつながっている(オーラル・エコロジーとは何か;オーラルエコから見た歯周病;オーラルエコから見たかみ合わせ ほか)
第2章 口腔環境は日常生活で悪化(暮らしの中の有害物質)
第3章 自分でできる、オーラルエコ(セルフケアが、マイナスからプラスへの変化を確実にする)
第4章 歯科統合医療―オーラルエコがめざすもの(統合医療とは何か?;歯科統合治療の現場で、行われていること;症状別、歯科統合医療の症例―各疾患への統合医療からのアプローチ ほか)

著者紹介

福岡博史[フクオカヒロシ]
1983年東京歯科大学卒業。医学博士。医療法人社団明徳会福岡歯科理事長。日本歯科東洋医学会常任理事・認定医、日本統合医療学会理事・認定医、日本ホメオパシー医学会歯科部会長・認定医、日本全身咬合学会評議員、日本バイ・ディジタルO‐リングテスト協会認定歯科医。最先端の歯科治療に、全身との相関関係や心理状態にまで目を配る歯科統合医療を実践する診療には定評があり、数か月先まで予約でいっぱいの歯科医として有名。歯と口から全身の健康管理を促す「オーラル・エコロジー」の提唱・普及につとめている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)