しみ入る心の山頭火

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 104p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784391135978
  • NDC分類 911.36
  • Cコード C0076

目次

山頭火 その句の背景に
ゆふ空から柚子の一つをもらふ
いちりん挿の椿いちりん
うしろすがたのしぐれてゆくか
星があつて男と女
どうしようもないわたしがあるいてゐる
ゆつくり歩かう萩がこぼれる
なみだこぼれてゐる、なんのなみだぞ
お彼岸花の赤さばかり
ほろほろ酔うて木の葉ふる〔ほか〕

著者紹介

片岡鶴太郎[カタオカツルタロウ]
本名:荻野繁雄。1954年東京都西日暮里生まれ。幼少の頃より役者になることを夢見て、高校卒業後、片岡鶴八に弟子入りする。テレビのバラエティー番組などの出演を重ね、現在はドラマ、映画など様々なメディアで活躍し、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞、ブルーリボン助演男優賞などを受賞している。画家としては、1995年初の個展「とんぼのように」を開催。以後、全国各地で開催された個展は、いずれも好評で多くの来場客を魅了し、1998年群馬県草津に片岡鶴太郎美術館、2002年石川県山中・佐賀県伊万里に片岡鶴太郎工藝館、2003年福島県飯坂に片岡鶴太郎美術庭園を開館させた。鶴太郎芸術は絵画にとどまらず、幅広い分野で多彩な才能を発揮している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)