紙から生まれる暮らしの愉しみ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 79p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784391129922
  • NDC分類 754.9
  • Cコード C0077

出版社内容情報

グラフィック工芸家・井上由季子さんの紙作品と住まいを紹介し、小さな工夫から上質な暮らしを作ることを提案。

内容説明

グラフィック工芸家・井上由季子さんの暮らしぶりや美しいものを見極める視点、デザインワークを素敵な写真、エッセイとともに綴りました。透ける紙、和紙、色紙、原稿用紙、サンドペーパー…そこにラインを1本引いてみたり、スタンプを押したり。何気ない紙が少し違う姿になって、暮らしに役立つ小物ができたとき、おもてなしに使えたとき、ちょっとしあわせな気分になります。それが紙に手を加える愉しさ。カサカサ、チョキチョキ、ビリビリ…紙音とともに、暮らしの愉しみを見つけてみてください。

目次

1 くらす(自分らしく暮らすこと;夕暮れに部屋を眺めて感じる「美」;暮らしの中の白と黒;点と線がかわいい;指し込む光と空気が決める色)
2 つくる(手の跡が残るモノづくり、モーネ工房から;「つくる」という作業の前にあるもの;材料のしまい方、道具の並べ方;作る形を教えてくれるデザインソース)
3 つかう(箸袋;菓子敷;菓子袋;ラベル;ポチ袋;便せん;ノート;ラッピング;キャンドル)
4 みせる(モノクロの子供の絵;子供の習字)

著者等紹介

井上由季子[イノウエユキコ]
グラフィック工芸家。京都でグラフィックデザイン工房モーネ主宰。カードや雑貨の製作、出版物の企画・デザインを手がける。身近な材料を使って暮らしをデザインする提案をしている。また、京都市立芸術大学などで講師も務める
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゴロチビ

3
著者の別の本が気になっていたが、たまたまこちらが目について。暮らしを楽しむ遊び心があるというか、とても素敵だなぁと思いつつ、真似をしようと言う気になれない。それは特に食べ物まわりに関してなのですが、コロナを理由にするより以前に「他人が触った食べ物の清潔さを信じられない」という感覚がどんどん広がっている気がするのです。家族やプロならいいとか、プロでも手袋をしてないと不安に感じるとか…。これは集団におけるある種の病いだと思うのですが、自分もそう思う人の気持ちが分かるので仕方ない。個包装に慣れ切ってるのです。2022/03/22

momo

3
ちょっとした工夫やアイデアで暮らしが楽しくなるヒント満載。でもこのちょっとが凡人にはむずかしい(笑)いや、やればできると信じてやってみよう!!2015/01/23

ミズキ

1
こういう本を読むと、何か作りたくなる。簡単にできそうだからよけいに作りたくなった。素敵なアイデア満載。ほんのちょっとの工夫で、暮らしって楽しくなるんだなあ。2010/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6755

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。