贅沢な遺言―僕が書き遺したい日々のこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784391129748
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

目次

1章 日常への遺言
2章 仕事への遺言
3章 家族への遺言
4章 旅行・食への遺言
5章 流行への遺言
6章 社会への遺言
7章 おじさんたちへの遺言
8章 僕への遺言

著者等紹介

秋元康[アキモトヤスシ]
1956年生まれ。作詞家。美空ひばり『川の流れのように』をはじめ、幅広く数多くのヒット曲を生む。テレビ『おしゃれカンケイ』(日本テレビ系)、『うたばん』(TBS系)などの構成に携わり、ラジオ『秋本康の恋愛保存会』(TOKYO FM)でパーソナリティーもつとめる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mori

1
作詞家、プロデューサー秋元康さんのエッセイ。何でもない身辺雑記は死を意識し始めた僕の遺書でもある、とか。秋元さんの本は初めて読んだが面白いかった。林真理子さんに似ているかな。2017/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/321676

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。