ゲルマン語入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 213p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784385364681
  • NDC分類 849
  • Cコード C0087

内容説明

バルト海からライン川へ、北海からアルプス山脈へ。近代市民社会の礎を築いた北方ヨーロッパのゲルマン系諸言語。錯綜したその言語世界の成り立ちを解きほぐし、明快な展望を与える、最新・最高のゲルマン語入門。

目次

第1章 ゲルマン語の起源と古ゲルマン諸語(ゲルマン語の生い立ち―言語の系統関係;古ゲルマン語の仲間たち―分類と発達 ほか)
第2章 歴史的に探るゲルマン語の特徴(祖語の似顔絵を描いてみる(音韻変化のしくみ;語形変化のしくみ))
第3章 現代ゲルマン諸語概説(現代ゲルマン語の仲間たち―「言語」と「方言」を分けるもの;北ゲルマン語の仲間たち―スカンジナヴィア本国と離島の言語 ほか)
第4章 現代ゲルマン諸語の文字と発音(北ゲルマン語―その共通性と独自性;西ゲルマン語―英語・ドイツ語・オランダ語式正書法とその背景)
第5章 図書案内―さらに詳しく知るために

著者等紹介

清水誠[シミズマコト]
1958年横浜市生まれ、静岡県に育つ。東京大学文学部卒、同大学院修士課程修了。東京大学教養学部助手、千葉大学教養部専任講師をへて、現在、北海道大学大学院文学研究科教授。専攻はドイツ語学・ゲルマン語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。