すぐに役立つ財産管理“信託・成年後見・遺言”の法律知識と活用法

個数:

すぐに役立つ財産管理“信託・成年後見・遺言”の法律知識と活用法

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2019年07月19日 10時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784384048148
  • NDC分類 324.82
  • Cコード C2032

内容説明

「専門家におまかせ」では守れない!素人にはわかりにくい財産管理の基本と問題点を平易に解説。信託、成年後見、遺言の制度を知り、病気、障害、死亡など不測の事態に備えよう。2018年成立(2019年一部施行)の相続法改正に対応。

目次

第1章 財産管理の全体像(財産を管理するための方法にはどんなものがあるのか;成年後見制度とはどんな制度なのか ほか)
第2章 信託契約のしくみ(信託の基本ルールをおさえておこう;受託者にはどんな権限と責任があるのか ほか)
第3章 成年後見制度のしくみ(法定後見制度について知っておこう;任意後見制度について知っておこう ほか)
第4章 さまざまな財産管理等委任契約のしくみ(見守り契約について知っておこう;財産管理等委任契約について知っておこう ほか)
第5章 将来に備えるための遺言や相続の知識(遺言の種類について知っておこう;遺言書を書くときの注意点について知っておこう ほか)

著者等紹介

松岡慶子[マツオカケイコ]
認定司法書士。大阪府出身。神戸大学発達科学部卒業。専攻は臨床心理学。音楽ライターとして産経新聞やミュージック・マガジン、クロスビート、CDジャーナルなどの音楽専門誌等に執筆経験がある。2013年4月司法書士登録。大阪司法書士会会員、簡裁訴訟代理関係業務認定。大阪市内の司法書士法人で、債務整理、訴訟業務、相続業務に従事した後、2016年に「はる司法書士事務所」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

認知症などの病気や障害、死亡などの不測の事態に不可欠なのが「財産管理」。本書では、一長一短があり、素人にはわかりにくい個人信託、成年後見、遺言という3つの法律や制度のしくみと活用法を平易に解説している。
2018年成立(2019年一部施行)の相続法改正に対応。