築土経国―「土木学」の提言

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 174p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784381014900
  • NDC分類 510.4
  • Cコード C3051

内容説明

本書は、「土木学」を軸としたこれまでの研究会における勉強の成果を踏まえて、土木学研究会の総論ワーキンググループがとりまとめたものである。

目次

第1部 土木学を探る(土木学とは何か;今日の土木学の主張―築土経国の思想;土木学の必要性とその提唱の経緯)
第2部 土木学の実践(土木技術者のあり方;土木学を踏まえた土木工学;土木学の参考となる提言)

著者等紹介

竹内良夫[タケウチヨシオ]
大正12年生。昭和21年9月東京帝国大学第二工学部土木工学科卒。21年10月運輸省入省。47年5月運輸省第三港湾建設局長。48年8月運輸省港湾局長。59年10月関西国際空港株式会社代表取締役社長。平成4年12月株式会社竹内良夫事務所代表取締役社長。(現職)関西国際空港株式会社顧問。財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会会長。6年5月勲二等瑞宝章。9月天皇賜杯・銀杯3号;8年5月土木学会功績賞受賞

栢原英郎[カヤハラヒデオ]
昭和15年生。昭和39年3月北海道大学工学部土木工学科卒。39年4月運輸省入省。47年4月経済企画庁総合開発局。55年9月国際臨海開発研究センター主任研究員。59年10月国土庁計画・調整局計画官。62年8月運輸省港湾局開発課長。平成2年4月運輸省第一港湾建設局長。6年6月運輸省港湾局長。8年7月運輸省技術総括審議官。10年4月退官。5月社団法人日本港湾協会理事長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

基本思想としての土木学の定義、必要性、内容。