英雄から爆弾犯にされて―アトランタ五輪爆弾・松本サリン・甲山事件

個数:

英雄から爆弾犯にされて―アトランタ五輪爆弾・松本サリン・甲山事件

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 327p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380982309
  • NDC分類 070.15
  • Cコード C0036

内容説明

つくられた犯人たち―。3つの事件を通して、犯罪報道の犯罪を考える。日米の報道被害者と専門家が21世紀に向けたメディア改革を訴える。

目次

プロローグ 山田悦子さんと日米報道被害者
第1章 英雄から爆弾犯にされて―リチャード・ジュエルさんとワトソン・ブライアント弁護士の講演
第2章 警察の漏洩情報(リーク)を疑い冤罪監視を―河野義行さんの講演(神戸・東京)・同志社大学で「河野義行氏を囲む会」
第3章 甲山事件を考える講演とシンポジウム第一部「超長期裁判に終止符を!」―渡部保夫・元北海道大学教授の講演
第4章 シンポジウム第二部「つくられた犯人・司法とメディアの責任」
第5章 討論「犯人探し競争をやめて冤罪チェック報道へ」
第6章 同志社大学での学生・市民との対話
第7章 日米でこれだけ違う人権感覚と司法制度―ブライアント弁護士に聞く
第8章 アトランタでジュエルさんと出会う―同志社大学生のリポート
第9章 普遍的テーマとしての人権と報道―日本在住のブライアン・コバート記者に聞く
第10章 ダイアナ妃の死とパパラッチ・ジャーナリズム
エピローグ 公正な司法確立とメディアの役割