思想はいまなにを語るべきか―福島・沖縄・憲法

個数:

思想はいまなにを語るべきか―福島・沖縄・憲法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 09時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380180064
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

出版社内容情報

明治維新150年、天皇代替、東京オリンピック。これらを奇貨とした「改憲」の動き。私たちはいま如何に思考し、行動すべきか?福島・沖縄・憲法……「棄民政策」をむき出しにした政治。

2018年・明治維新150周年、2019年・天皇代替わり、2020年・東京オリンピック……

これらを奇貨とし、突き進められる「改憲」。

私たちは、これに対抗するために、如何に思考し、行動すべきか?  高橋哲哉氏に聞く。

第一章 フクシマ――3・11以後をあらためて考える

コラム1 原発民衆法廷

資料   原発民衆法廷判決

コラム2 避難の権利



第二章 日本問題としての沖縄米軍基地

コラム3 「土人」――植民地主義とヘイト・スピーチ



第三章 日本国憲法の行方――歴史認識から未来志向まで

高橋 哲哉[タカハシ テツヤ]
著・文・その他

前田 朗[マエダ アキラ]
著・文・その他

内容説明

原発、沖縄米軍、改憲の三つの柱に即し、時代の転換期を生きる一人の知識人が、現実と格闘した思考の記録です。思考の可能性を追求する営為の追体験をしてください。

目次

第1章 フクシマ―3・11以後をあらためて考える
第2章 日本問題としての沖縄米軍基地
第3章 日本国憲法の行方―歴史認識から未来志向まで

著者等紹介

高橋哲哉[タカハシテツヤ]
1956年福島県生れ。東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業。東京大学大学院総合文化研究科(教養学部)教授

前田朗[マエダアキラ]
1955年札幌市生れ。東京造形大学教授、朝鮮大学校講師、日本民主法律家協会理事、東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会共同副代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

六風堂

0
98ページ 「ウシがゆく」は、100冊買って東京で販売した(前田朗さん) 102ページ 朝日新聞、東京新聞も日米同盟維持の立場 106ページ 沖縄は本土の483倍の危険がある2019/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12807732

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。