人生浪漫彷徨―シナリオなきドラマの光と影

個数:

人生浪漫彷徨―シナリオなきドラマの光と影

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2018年11月19日 01時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380170072
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

著者等紹介

山川修平[ヤマカワシュウヘイ]
1936年岩手県一関市生まれ。十代後半、肺結核で長期療養生活。二一歳で高校進学、一関一高、早稲田大学卒業。出版社勤務を経て独立、無頼派文学関係書の発刊に奔走。専門誌『著者と編集者』発刊。出版社経営挫折後ハウスメーカーに勤務の傍ら創作活動、『早稲田文学』『北の文学』等に小説を発表。1985年『死の弦』で岩手芸術祭優秀賞。ハウスメーカー停年退職後、住宅産業ジャーナリストとして執筆活動。現在は創作活動に没頭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

作家を目指した文学青年の波乱の人生。学生結婚、出版社勤務、自らの出版社創業、破綻、死の彷徨、再起へ……作家憧憬六〇年、人生は所詮浪漫彷徨。
「八〇歳の文学青年」の著者波乱の青春譚。
彷徨三部作、完結編。

第1章 生き抜く絆/孤独不安の日々/予測できない人生ドラマ/ついに五味康祐と会う/奇跡の回路・混迷の再々出発への道/丹羽文雄への手紙/小説を書くということ

第2章 新しいドラマの始まり/親友の再起・充実した日々/続奇跡の回路/恵子の生い立ち/同棲生活/秋の早慶戦/卒業か留年か/至福の微笑

第3章 浪漫彷徨の闇・断末魔の情景/静かなる終焉・死の浪漫彷徨/浪漫の象徴天城/死の扉/ゴスペルの光


山川 修平[ヤマカワ シュウヘイ]
著・文・その他