愉しみながら死んでいく―思考停止をもたらすテレビの恐怖

個数:

愉しみながら死んでいく―思考停止をもたらすテレビの恐怖

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380140051
  • NDC分類 699.04

内容説明

「では…次に」深刻なニュースも、ゴシップネタも同列に「愉しい」ものにしてしまうTVは視聴者の思考力をどう変えたか!?

目次

第1部(情報媒体は譬えである;認識機能としての情報媒体;活版印刷の国アメリカ;活版印刷の精神;いない、いない、ばあの世界)
第2部(ショー・ビジネスの時代;「では…次に」;ショー・ビジネスとしての宗教;「手を伸ばそう、誰かを選ぼう」;愉しい教育?;ハクスリーの警告)

著者紹介

ポストマン,ニール[ポストマン,ニール] [Postman,Neil]
1931~2003。ニューヨーク生まれ。1955年コロンビア大学で教育修士号、58年に教育博士号取得。59年からNCU(ニューヨーク大学)に就任。71年メディア・エコロジーの講座を設置。教育学部唯一の大学教授

今井幹晴[イマイミキハル]
法政大学文学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)