愉しみながら死んでいく―思考停止をもたらすテレビの恐怖

個数:

愉しみながら死んでいく―思考停止をもたらすテレビの恐怖

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380140051
  • NDC分類 699.04

内容説明

「では…次に」深刻なニュースも、ゴシップネタも同列に「愉しい」ものにしてしまうTVは視聴者の思考力をどう変えたか!?

目次

第1部(情報媒体は譬えである;認識機能としての情報媒体;活版印刷の国アメリカ;活版印刷の精神;いない、いない、ばあの世界)
第2部(ショー・ビジネスの時代;「では…次に」;ショー・ビジネスとしての宗教;「手を伸ばそう、誰かを選ぼう」;愉しい教育?;ハクスリーの警告)

著者紹介

ポストマン,ニール[ポストマン,ニール] [Postman,Neil]
1931~2003。ニューヨーク生まれ。1955年コロンビア大学で教育修士号、58年に教育博士号取得。59年からNCU(ニューヨーク大学)に就任。71年メディア・エコロジーの講座を設置。教育学部唯一の大学教授

今井幹晴[イマイミキハル]
法政大学文学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)