田中正造翁余録〈下〉 (新装版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

田中正造翁余録〈下〉 (新装版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 550p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380130014
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

内容説明

晩年の田中正造像を刻む貴重な記録、待望の復刊!

目次

第8章 訴訟経過と谷中村問題の本質(明治四十五年三月~大正元年十二月)(谷中収用補償裁判と正造翁;法廷で激怒叱咤する翁 ほか)
第9章 亡国亡村皆自暴自棄を痛憤(大正二年一月~四月)(遊水池地域の買収、立退きの進行;亡国亡村皆自暴自棄 ほか)
第10章 不安と予感(大正二年五月~七月)(河川視察の途上にて;翁の健康に衰え ほか)
第11章 田中正造翁の死(大正二年八月~九月)(最後の日記;翁、谷中への途次に斃れる ほか)
第12章 その後の谷中村(大正二年九月以後)(谷中村復活運動の断念;萱刈り事件覚書)

出版社内容情報

晩年の田中正造像を刻む貴重な記録、待望の復刊! 上下2分冊。「見よ、神は谷中にあり。聖書は谷中人民の身にあり」(田中正造)
18戸百余人の谷中村民と共に、臨終のときまでのすべてを賭けた、晩年の田中正造の苦闘の姿にこの本の著者であり、谷中遺民を名乗る島田宗三老の姿が重なり合う。
国家と法の名による廃村の暴挙に抗して、あらゆる苦難に耐え、自治と人間に拠って一歩も退かなかった人びと。田中正造と谷中村民の闘いの日々を物語る感動の記録である。
明治以降、この国の棄民政策が何も変わらないことが赤裸々になった今、私たちの心に突き刺さる足尾鉱毒事件、闘いの記録である。

第八章 訴訟経過と谷中村問題の本質 明治四十五年三月?大正元年十二月
一 谷中収用補償裁判と正造翁
二 法廷で激怒叱吃する翁
三 補償問題訴訟、形だけの勝訴
四 控訴まで
五 県参事会員一行の視察前後
六 控訴審準備の奔走と河川法違反公判
七 控訴審での翁

第九章 亡国亡村皆自暴自棄を痛憤 大正二年一月?四月
一 遊水池地域の買収、立退きの進行
二 亡国亡村皆自暴自棄
三 束京控訴院一行の谷中村視察など
四 最後の大演説会

第十章 不安と予感 大正二年五月?七月
一 河川視察の途上にて
二 翁の健康に衰え
三 病躯をおして有志歴訪
四 翁からの最後の手紙

第十一章 田中正造翁の死 大正二年八月?九月
一 最後の日記
二 翁、谷中への途次に姥れる
三 病臥日録その一
四 病臥日録その二
五 臨終の時
六 葬儀前後

第十二章 その後の谷中村 大正二年九月以後
一 谷中村復活運動の断念
二 萱刈り事件覚書

解説『田中正造翁余録』について(日向康)

付 録
一 部屋警察分署長の谷中残留民居住立退き説諭に対する回答書
二 乞食の挨拶
三 谷中村問題解決奉告祭文
四 直訴二題
五 田中正造・治水論二篇
(1)元谷中村急水留の要求及耕作回復陳情
(2)治水工費少く成績多き先決問題請願の陳述書
六 田中正造・河川視察略記
七 田中正造遺稿・苗代水欠乏農民寝食せずして苦心せるの時、安蘇郡及び西方近隣
の川々細流巡視及び其途次に面会せし同情者の人名略記 内報その一号書
八 田中正造翁年譜(島田宗三編)
〔付録解題〕
谷中村の結末(日向 康)
谷中村の復活(林 竹二)
編者後記

島田 宗三[シマダ ショウゾウ]
著・文・その他