さんいちブックレット<br> あぶないハーブ―脱法ドラッグ新時代

個数:

さんいちブックレット
あぶないハーブ―脱法ドラッグ新時代

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 108p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784380128035
  • NDC分類 368.8
  • Cコード C0036

内容説明

繁華街の片隅で売られている「合法ハーブ」乾燥植物片に化学成分を添加した脱法ハーブの危険性を解説。

目次

第1章 ハーブと名乗る薬物―新時代に入った脱法ドラッグ(脱法ハーブとは何か;「スパイス」の登場;合成カンナビノイドの検出 ほか)
第2章 イタチごっこ―規制と脱法、攻防の半世紀(デザイナー・ドラッグの登場;デザイナー・ドラッグ規制の試み;フェネチルアミンとトリプタミン ほか)
第3章 未来への負債―広がる健康被害(被害者は誰なのか;対談:脱法ドラッグの有害性を評価する;報告:脱法ハーブがもたらす症状―アメリカの臨床報告から)

著者等紹介

小森榮[コモリサカエ]
弁護士、東京弁護士会所属。東京都内で法律事務所を開き弁護士として業務に当たる。薬物問題に造詣の深い法律家として東京都脱法ドラッグ対策検討委員会委員、東京都麻薬中毒審査会委員などを歴任し、また、民事調停官(非常勤裁判官)や弁護士会の委員なども勤めてきた。1994年ころから若者の薬物事件の増加に注目し、覚せい剤事件を中心に1000件以上の薬物事件を担当。傍ら、講演などを通じて薬物乱用防止活動にも力を注いでいる

牧野由紀子[マキノユキコ]
薬学博士。元厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部主任鑑定官。東京大学薬学部薬品代謝化学教室研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

林田力

6
脱法ドラッグは幻覚や興奮作用がある化学物質を添加した薬物の総称である。脱法ドラッグは麻薬や覚せい剤以上に危険である。脱法ドラッグの反社会性が理解できる。2018/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5265072

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。