コルドバをあとにして

個数:

コルドバをあとにして

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784378007892
  • NDC分類 K929
  • Cコード C8397

内容説明

十七世紀のスペイン・コルドバ。カトリック教会の異端審問の嵐が吹きあれる中、父を殺され、母を投獄され、弟を黒死病で失ったユダヤ人少年カルロスは、ふるさとの地をあとにする。母をかならず救出すると決心した彼をささえるフランス人画商、男気あふれる船長、そして年老いた召し使い。民族・宗教をこえてさしのべられた彼らの手は、カルロスのゆくてを照らす。

著者紹介

オルガッド,ドリット[オルガッド,ドリット][Orgad,Dorit]
ナチス政権下のドイツに生まれ、1939年、2歳の時、家族とともに現イスラエルに帰還。ヘブライ大学にて経済学、社会学を修め、教師およびジャーナリストになる。その後バル・イラン大学にてユダヤ哲学博士号取得。50冊の著作のうちのほとんどが、イスラエル国内テレビ、ラジオで脚色放送され、各賞受賞

樋口範子[ヒグチノリコ]
1949年生まれ。立教女学院高校卒業と同時にイスラエルに渡り、二年間キブツ・カブリ・アボガド園で働く。帰国後、山中湖畔児童養護施設保母、パン屋を経て、現在は同地で喫茶店を営む