ノリー・ライアンの歌

個数:
  • ポイントキャンペーン

ノリー・ライアンの歌

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月28日 08時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784378007694
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

内容説明

19世紀の中頃、100万人もの人が餓死したといわれるアイルランドのジャガイモ飢饉。とある農村を舞台に、絶望と困難の中で生きのび、そして希望を見いだし生きぬいた少女の物語。ゴールデンカイト賞2001年オナー賞受賞。

著者等紹介

ギフ,パトリシア・ライリー[ギフ,パトリシアライリー][Giff,Patricia Reilly]
アメリカ・ニューヨーク市ブルックリン生まれ。20年間教師をしたのち、子供のための本を書き始め、60冊をこえる著作は広く子供たちに読まれ愛されている。『Lily’s Crossing』でニューベリー・オナー賞、ボストングローブ・ホーンブック・オナー賞等を受賞し、『ノリー・ライアンの歌』ではゴールデンカイト・オナー賞等を受賞している。現在コネチカット州在住

もりうちすみこ[モリウチスミコ]
1955年、福岡県生まれ。九州大学教育学部卒業
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壮の字

52
【異胎の世紀.5】児童書。おとなりの島・イギリスの搾取により、貧困のどん底におかれていたアイルランド島を飢饉が襲う。主食のジャガイモは土のなかで真っ黒に変色していた。少女ノリー・ライアンのまわりからもポツリポツリと、島に見切りをつけたひとびとが去っていく。それでも勇敢なノリーは生き残る道を探しつづけた。ノリーが涙をこらえ歌っていたその頃にも、人口の二倍の人びとを養えるほどの食料が、アイリッシュ海を越えて英国へ運びこまれつづけた。首都ロンドンでは世界初の万国博覧会が開催されていたころのお話である。2018/10/24

シュシュ

23
19世紀半ばのアイルランドのじゃがいも飢饉を生き延びた人たちの物語。 じゃがいも飢饉のことは 以前にウィリアム・トレヴァーの小説で読んだときも酷いと思ったが、この本でもやっぱり惨い状況だった。イギリスが地代を巻き上げた上に、じゃがいもが不作になって大勢の人が飢えた。そんな状況の中を12歳の少女が家族や近所の人のために勇敢に生きる。著者はアイルランド系アメリカ人で、じゃがいも飢饉の頃の移民の子孫。アイルランドらしく、子どもが妖精を怖がったり、薬草で治療する魔女のようなおばあさんが出てきた。読んでよかった。2018/08/10

ぱせり

12
重苦しい物語なのに、夢中で読み切ってしまう。力強くぐいぐいと引っ張られて。その力は怒りの力ではないのだと思う。もっと澄んだもの。歌。生活に密着した民話。父母の笑顔の記憶。飢えに苦しみながら気候とともに移り変わる風景の美しさに息を飲む。不屈の力は、土から瑞々しく生まれ出てくるよう。2012/06/24

星落秋風五丈原

9
ノリーは祖父や姉・兄・弟達とアイルランドで暮らしていた。ところが、じゃがいも飢饉がアイルランドを絶望的状況に追い込む。一人、また一人。家族がアイルランドの大地を去ってゆく。夢と成功を夢見てアメリカを目指す話は、今までにいくつも映画や物語で見てきた。また、住んでいる国に危険が及び、アメリカに安全を求めてやって来るユダヤ人達の物語も、同じ数だけ見てきた。けれど、この物語のように、自らの国に住んでいては、食べていけないから、アメリカを目指した人達の話は、今まで全く見かけなかった。2003/03/23

みよちゃん

8
はじめての作家。アイルランドでのジャガイモの飢饉で、生きていけなくなった人たちが、アメリカに移民した歴史。その事実、リアリティな小説が読めて、イギリスとアイルランドの事が少しわかった。勇気ある少女、家族愛、感じ入る。2018/08/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/448541

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。