• ポイントキャンペーン

人食い―クラウス・コルドン短編集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 150p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784378007656
  • NDC分類 K943
  • Cコード C8397

内容説明

はじめて訪ねてきた父の恋人を、とまどいと不安でむかえるロニ。飛行機で飛ぶことは夢の夢、空港のそうじボーイ、オスマン。「人食い」と友が呼ぶ男を、さらに追いつめる元になったぼく。寝ているあいだにしばられて、声もだせずにいるマヌエル。人目をおそれて、外へ出たがる妹を行かせまいとするビョルン。お金をとったと疑われても、わたしじゃないと言えないクララ。みんな、小さな勇気と、少しのやさしさがほしい子どもたち。

著者等紹介

コルドン,クラウス[コルドン,クラウス][Kordon,Klaus]
1943年ベルリン(旧東地区)生まれ。1973年に西ドイツへ移住し、1977年に作家としてデビュー。以来1979年のドイツ児童文学賞候補作品『友だちのような兄弟』など、児童やヤングアダルト向けの話題作を数多く発表し、ドイツ国内や国外の賞を数多く受けている。題材として多くとりあげるのは、彼自身が旧東ドイツ時代に商用で訪れたことのある第三世界の現状、19・20世紀のドイツ史、および麻薬、環境問題といった緊急課題であるが、常に社会の弱者に目を注ぐことを忘れない

松沢あさか[マツザワアサカ]
1932年、愛知県生まれ。名古屋大学文学部文学科(ドイツ文学専攻)卒業

いよりあきこ[イヨリアキコ]
1964年、埼玉県生まれ。セツモードセミナー卒業。講談社フェーマススクールズ卒業
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kocka

11
思春期の子どもたちの気持ちの機微が描かれている短編集。「人食い」と友が呼ぶ男を、さらに追いつめる元になった「ぼく」、は悲しい話でした。  2015/11/13

たみこ

2
ハッピーエンドからもやもやの残る話まで。 子供の不安定な感じをよく表現している短編集。大人になるとだいたい忘れてしまうけど、子供の時ってわりと保身(自分の立ち位置の確保とか物欲とか)のためにいろいろ考えてて、結構自分勝手なことをすることもあったな、と思いだした。子供は純粋素直って言われるけど、打算的なときも、空気を読んで感情とは違う振る舞いをしたりするときもあって、大人が考えているほど何もかもありのまま素直に表現したりしてなかったような記憶が読んでてよみがえった。私がそうだっただけかもしれないけど。2013/10/06

ニッキー

0
都築図書館2012/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/136818

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。