家 買うVS借りる 決断する前に読む本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784344998599
  • NDC分類 365.3
  • Cコード C0095

内容説明

家を買った場合と借りた場合の費用はいくら?購入に向いている人、賃貸に向いている人は?ライフステージ別「買う」と「借りる」メリットは?この1冊であなたの疑問がすべて解決します。

目次

1章 「決断」する前に考えたい10のこと(人はいつ家を買おうと思うのか;家を買いたい理由はなんだろう? ほか)
2章 お金とリスクで考える「買う」「借りる」それぞれの注意点(持ち家も賃貸も総額はほぼ変わらない;まずは今後の家計のイメージをつかむ ほか)
3章 ライフステージ別「買う」「借りる」それぞれのメリット・デメリット(設備の充実度に差はない;今は新築。でも、30年後は? ほか)
4章 知っておきたい住まいの今と未来(これからの物件選びではハード面だけではなくソフト面も重要になる;「ペットと楽しく暮らしたい」 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

阿呆った(旧・ことうら)

18
★賃貸仲介のエイブルが出しているだけあって、かなり賃貸派に寄っていたけれど、それを差し引いてもタメになりました。★そう言えば、知り合いの不動産社長も賃貸派でした。これからの価値観や、高齢者向け賃貸市場の活性化を考えたら賃貸の方がいいと言ってたな。2016/01/07

Mr.NORI

1
完全に「借りる」押しの内容。駅のよく置いてあるSUMOなんかは住宅は購入するのが当然という前提になっているので、その手の情報誌と対比してみると面白い。

下村 寛

1
よーく違いがわかりました。ただエイブルの人が書いているから、賃貸を進めておりました。2013/02/03

マイク

0
借りるに偏りあり80点2017/04/08

はせがーとも

0
賃貸に傾斜しすぎてて参考に全くならない2013/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5235050

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。