幻冬舎新書<br> 内閣情報調査室―公安警察、公安調査庁との三つ巴の闘い

個数:
電子版価格 ¥861
  • 電書あり

幻冬舎新書
内閣情報調査室―公安警察、公安調査庁との三つ巴の闘い

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784344985551
  • NDC分類 317.21
  • Cコード C0295

内容説明

官邸機能強化と特定秘密保護法成立に伴い、大幅に権限を拡大し存在感を強めている官邸直轄の情報機関「内閣情報調査室」。現在、約250人の内調スパイが安倍総理の手足となって、経済から軍事まで国内外のあらゆる情報を収集・分析し政策判断を支えているが、その実態は秘匿性が高く謎に包まれている。対北朝鮮交渉、諸外国スパイとの攻防、テロ対策、インターネット諜報システムの構築、そして複数の公安機関との覇権争いなど、数々の内幕を明らかにし、我が国のインテリジェンス組織の全貌を描き出す!

目次

第1章 国家のスパイの素顔
第2章 なぜ内閣情報調査室は誕生したのか?
第3章 内閣情報調査室のインテリジェンス
第4章 公安警察のインテリジェンス
第5章 公安調査庁のインテリジェンス
第6章 国家のスパイ 内閣情報通査室の未来