幻冬舎新書<br> トランプ大統領の衝撃

個数:
電子版価格 ¥877
  • 電書あり

幻冬舎新書
トランプ大統領の衝撃

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月29日 10時19分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 245p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784344984462
  • NDC分類 314.895
  • Cコード C0295

内容説明

ドナルド・トランプが第45代アメリカ大統領に就任する。泡沫候補がなぜ巨大な民意を獲得したのか?ヒラリー・クリントンとの「史上最低の泥仕合」によって国民が大きく分断されたアメリカ社会を、「偉大なアメリカ」に再生できるのか?排外主義的・孤立主義的な数々の「暴言」は実行されるのか?在米ジャーナリストが、世界中に大きな衝撃を与えた選挙戦を冷静に分析。「トランプのアメリカ」のリスクとチャンスを見極め、日本の取るべき道を示す。トランプ論の決定版。

目次

第1部 トランプ勝利の歴史的意味(時代はどう変わっていたのか;即座に動き始めたアメリカ;日本がこれから取るべき道)
第2部 泡沫候補から共和党代表へ―選挙戦レポート’16・1~’16・6(トランプ現象を誰が支えているのか?;動き出した大統領予備選、苦戦する本命;スーパー・チューズデーでトランプ大勝利 ほか)
第3部 何が勝敗を決したのか?―選挙戦レポート’16・7~’16・11(感情論に動かされる政治、日米英の比較;党内抗争の次は、大中傷合戦スタート!;異例ずくめの共和党大会、報ずるメディアも大混乱! ほか)

著者等紹介

冷泉彰彦[レイゼイアキヒコ]
1959年東京生まれ。米国ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

241
購入して積んだまま放置になっていたものを、そろそろ読んでおかないと風化するかと思って取り急ぎ読んでみたら、既に完全に風化しきっていた。大統領令が乱発されている今現在を1ミリも予見しておらず"不可能な夢物語"でさらっと終わらせているのが痛寒い。(←もっとも、それが当たり前の反応である事は理解出来る)もともとヒラリー勝利を予想していた著者の選挙中のレポートの寄せ集めなので、今となっては読めない代物。唯一納得出来たのが、大統領選がメディアショーになっているという事実。しかしそれは敢えてこの本を読まなくても判る。2017/02/04

James Hayashi

30
著者の選挙戦レポートを纏めたもの。一般的に言われている貧困白人層の指示が思っていた以上に選挙を左右したということに少し疑問を感じていたので、冒頭の選挙の結果の分析は参考になった。オバマ路線継承とオバマへの不満が重なりヒラリー嫌いが多かった。貧困白人層ばかりでなく、金融やIT産業といった高学歴でない人たちの支持を得た。(重厚長大やクラシカルな仕事は移民や海外への工場移転で不満、不安を持つ)。マスコミの報道のあり方も民主党びいきで反感を買っている。読み違いや見えない支持層は今後の選挙を左右する。続く→2018/04/24

ophiuchi

11
「史上最悪の大統領選」をリアルタイムで追った著者の分析は的確で、これからの世界が向かおうとしている方向も見えてきたように思った。大統領に就任すれば現実的な政策をとるのではという一部にあった楽観的な予測は裏切られ、世界を混乱に導く悪しきシナリオが現実化しつつある現在の状況について自分なりにじっくり考えた上で、著者や他の識者の意見を見聞きしたいと思う。2017/01/30

乱読家 護る会支持!

7
今となっては、私にとっては目新しい情報の無いトランプ本。一昔前のアメリカ一人勝ちの世界なら、アメリカに従属していれば良かったが、国力が落ちている今は違う。「トランプさんが好きなことを言うなら、それなりのツケは払ってもらう」との世界の政治家の毅然とした態度が必要。在日米軍基地の費用の75%は日本が出していること。そしてトヨタを始め、日本のグローバル企業が、アメリカに工場を建てて、アメリカ人の雇用を支えていること。。。「ごちゃごちゃ言うなら、わかってるやろうな?」ぐらいの凄みを出してね安倍さん。2017/02/01

ゆみちぃ

6
今更ですが、トランプ政権発足の経緯を知りたくなり読みました。アメリカという大国を指揮する大統領を決める選挙戦が、レベルの低い罵り合いやメディアの陰謀で進んでいくなんて考えられない。でも結局人が動いたり決めたりする時って、そういうことが重要なのかなと思った。2021/03/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11246141
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。