幻冬舎新書<br> ユーロの正体―通貨がわかれば、世界が読める

電子版価格 ¥877
  • 電書あり

幻冬舎新書
ユーロの正体―通貨がわかれば、世界が読める

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 233p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784344982864
  • NDC分類 338.97
  • Cコード C0295

内容説明

ギリシャ危機に端を発した欧州債務危機。ユーロ破綻は不可避ともいわれているが、「ギリシャは離脱しないし、ユーロも破綻しない」と著者。一方でドイツをはじめとする欧州はデフレ突入、ユーロ高になる可能性が高いという。なぜそういえるのか?その時の日本経済への影響は?ユーロを持っている投資家はいつ売るべき?ユーロをはじめとする世界経済は今後どうなる?豊富なデータと明快なロジックで、欧州のみならず世界の動向を読み解く、経済分析と予測の書。

目次

プロローグ なぜユーロ危機はいっこうに解決しないのか
第1章 ユーロはこうして苦難を乗り越え、成立した
第2章 ユーロが失敗することはEMS時代にわかっていた!
第3章 ユーロの正体を経済学から読み解く
第4章 ユーロ危機の正体
第5章 ユーロは今後どうなるのか
第6章 日本が危機に巻き込まれるとき
エピローグ 日本が真にユーロに学ぶべきこと

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もりやまたけよし

9
民主党政権の末期の書かれたギリシャの危機を単に発するユーロの解説書で、金融政策の観点でユーロを説明してくれている。その後著者の言う通りにユーロは大きく金融緩和の方向に転換した。日本の方も金融緩和に向いて、消費税率のアップ延期を果たして、民主党政権の失敗をカバー。この方向が続くと良いです。2016/09/07

しろくまZ

7
ユーロ導入前の歴史的経緯から説明されている。EC通貨協力(通称スネーク)、欧州通貨制度(EMS)など。スネークは事実上瓦解し、EMSも仮想通貨エキューなるものを仕立てていたが、各国通貨の中心レートは頻繁に変更されるという訳の分からない状態だったらしい。その後、ユーロが導入されてユーロ域内では「経済の平準化」が進行するはずが、経済格差の是正はなされず、長期金利だけが収斂する結果に。そしてバブルの発生と破裂。それでも、各国独自に必要な金融緩和政策をとれないのが現状のユーロ。前途多難だが、一方日本はどうなる?2016/05/31

むとうさん

5
要するに『円高の正体』の姉妹本。あっちはドル円レートの話だけで、ユーロの話は今回のためにとっておいた…というわけではないらしいが。趣旨としてはユーロ圏の危機が「財政危機」扱いされているのは因果が逆で、独自の金融政策をとれなかったから財政出動せざるを得なかったのだということ。最適通貨論や国際金融のトリレンマからは常識的な結論。気になった点は、日本にとってインフレ4%が本当に緩やかか?ユーロを維持したままのECBの量的緩和ではユーロ圏全体の景気を等しく下支えはできずかえって格差が広がるのでは?といったところ。2013/02/25

セルジオ肥前

4
比較的にわかり易く書かれている。ユーロの問題よりもデフレ問題とその対処が著者の言いたかった本題では無かったか。2013/04/06

ひとまろ

3
意外と成り立ちとか知らなかったりする。 2017-020 2017/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5655148

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。