幻冬舎新書<br> 二塁手論―現代野球で最も複雑で難しいポジション

個数:

幻冬舎新書
二塁手論―現代野球で最も複雑で難しいポジション

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月21日 05時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 174p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784344981751
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0295

内容説明

飛躍の第一歩は、プロ4年目に守備の花形ショートへのこだわりを捨て、セカンドへ移ったことだった。セカンドの地味ながらも緻致な動きをマスターしたことで、翌年ゴールデングラブ賞を受賞。その結果、偏っていたボディバランスが改善し、低迷する打撃も急上昇、史上3人目の30本塁打・40盗塁を記録。さらに右方向への泥臭いヒットを狙って、打率は8分以上もアップした。そして最終的にワールドシリーズを制覇する名二塁手に成長。先入観をなくし、目標を具体化することが、一流の「スペシャリスト」を生む。目から鱗の成功バイブル。

目次

第1章 「盗塁」という具体的な目標がすべてを変えた(順風満帆だったアマチュア時代;見失ったバッティングフォーム ほか)
第2章 セカンドという選択が今の自分を作った(セカンドへのコンバート;ショートへのこだわりと葛藤 ほか)
第3章 ホームランより価値のあるポテンヒットがある(たいていのルーキーが直面する問題;助言に惑わされ続けた日々 ほか)
第4章 メジャーで学んだ組織における行動理論(1年目で手にしたチャンピオンリング;シカゴ・ホワイトソックスからの誘い ほか)
第5章 成功の鍵は、一見地味で目立たない場所に隠されている(夢と欲望を混同しない;毎日、自分のフォームを見つめ直すこと ほか)

著者等紹介

井口資仁[イグチタダヒト]
1974年12月4日、東京都生まれ。青山学院大学で、東都大学リーグ記録となる二四本塁打を放ち、97年にドラフト一位で福岡ダイエーホークスに入団。2001年、強力打線の三番に定着し、史上三人目の三〇本塁打・四〇盗塁を達成し、四四盗塁で盗塁王を獲得。03年、打率三割四分、二七本塁打、一〇九打点、四二盗塁を記録し、日本一に大きく貢献。05年、シカゴ・ホワイトソックスに入団、ワールドシリーズを制する。その後フィラデルフィア・フィリーズ、サンディエゴ・パドレス、再びフィリーズを経て、09年1月、千葉ロッテマリーンズに入団(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。