幻冬舎ルネッサンス新書<br> アメリカは昭和天皇をどう見たか―戦争とジャーナリズムの交差点

個数:

幻冬舎ルネッサンス新書
アメリカは昭和天皇をどう見たか―戦争とジャーナリズムの交差点

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月01日 04時53分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 169p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784344929029
  • NDC分類 053
  • Cコード C0221

内容説明

20世紀、アメリカ国民の「日本のイメージ」を形成したのは、活字ジャーナリズムだった。世界の中でも特殊とされる日本の皇室はどのように報道され、そのイメージを変遷していったのか。週刊ニュース誌『タイム』、高級ビジネス誌『フォーチュン』、写真週刊誌『ライフ』といった主要米国誌の記事を徹底分析し、斬新な視点で昭和天皇像を解説する、唯一無二の保存版。

目次

序章 ルースの出版帝国(原体験;週刊ニュース誌『タイム』 ほか)
第1章 前例を打破する異国君主(1923‐1932)(『タイム』の顔;妖雲 ほか)
第2章 太陽の国の象徴(1933‐1940)(恐慌と憎まれ役;不満のガスと日本特集 ほか)
第3章 語られざる名(1941‐1945)(慎ましさをなくした時;開戦 ほか)
第4章 人となりし(1946‐)(ヒトラーの終焉と日本の終焉;汝の敵、日本 ほか)

著者等紹介

田中俊雄[タナカトシオ]
1984(昭和59)年、東京都昭島市生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。アメリカ空軍横田基地での勤務(Army&Air Force Exchange Service)を経て、現在は文教大学文学部講師、神田外語学院非常勤講師。専門は欧米メディアにおける皇室描写等の近代政治思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。