幻冬舎文庫<br> 試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。

個数:
電子版価格 ¥606
  • 電書あり

幻冬舎文庫
試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年06月22日 00時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 229p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784344421509
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

年下に片思いする文系女子、不倫に悩む美容マニア、元彼の披露宴スピーチを頼まれる広告代理店OL…。恋愛下手な彼女たちが訪れるのは、路地裏のセレクトショップ。不思議な魅力のオーナーと一緒に自分を変える運命の一着を探すうちに、誰もが強がりや諦めを捨て素直な気持ちと向き合っていく。繊細な大人たちの心模様を丁寧に綴った恋物語。

目次

あなたといたい、とひとりで平気、をいったりきたり。
悪い女ほど、清楚な服がよく似合う。
可愛くなりたいって思うのは、ひとりぼっちじゃないってこと。
ドレスコードは、花嫁未満の、わき役以上で。
好きは、片思い。似合うは、両思い。

著者等紹介

尾形真理子[オガタマリコ]
1978年東京都生まれ。2001年、博報堂に入社し、コピーライター、制作ディレクターとして活躍。LUMINE、資生堂、東京海上日動あんしん生命、TIFFANY&Co.、キリンビール、日産自動車などの広告を手がける。朝日広告賞グランプリ他受賞多数。10年に本作で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件