幻冬舎文庫<br> 永遠の旅行者〈上〉

個数:
電子版価格 ¥627
  • 電書あり

幻冬舎文庫
永遠の旅行者〈上〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月05日 02時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 364p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784344411746
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

元弁護士・真鍋に、見知らぬ老人麻生から手紙が届く。「二十億の資産を息子ではなく孫に相続させたい。ただし一円も納税せずに」重態の麻生は余命わずか、息子悠介は百五十億の負債で失踪中、十六歳の孫まゆは朽ちた家に引きこもり、不審人物が跋扈する。そのとき、かつてシベリア抑留者だった麻生に殺人疑惑が浮上した―。謎とスリルの上巻。

著者等紹介

橘玲[タチバナアキラ]
1959年生まれ。作家。早稲田大学卒業。2002年、小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。06年、『永遠の旅行者』が第十九回山本周五郎賞候補作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

k5

57
マネーロンダリングシリーズ第三弾。定住地を持たない「永遠の旅行者」として生きる元弁護士のもとに、見知らぬ富豪からやってきた依頼は、「財産をすべて孫娘に遺贈し、一切の税金を払わない」というものだった。前二作でも、説明を興味深く読ませたり、成金のオッサンから海外のバンカーまでリアリティを持って描きわける稀有な筆力がよかったのですが、主人公の思考のバックにニーチェを置いたり、BGMとしてボブマーリィやキングクリムゾンを響かせることで深みが出てます。どことなく村上春樹の臭いがするのは気のせいでしょうか。下巻へ。2020/06/21

taka61

34
【kindle本】話題のタックスヘイブンををテーマにした金融小説。ハワイに住む元弁護士真鍋の元に、相続税を納めずに20億の財産を孫娘に相続したいという依頼が。さすがに橘さんの金融知識は豊富で、勉強になります。ストーリー展開も良く楽しめる作品。情景描写が多少くどいかな⁈下巻も続けて読みます。2016/06/26

sas

27
元弁護士のもとに、突然舞い込んだ「20億円の資産を1円の相続税も払わずに息子にではなく孫娘に相続させたい。」という依頼から進んでいく話。ミステリー・サスペンスもあり、豊富な金融情報もあり、シベリア抑留の話もあり、色々な要素が複合していてなかなか面白い。他の作品「マネーロンダリング」の登場人物も出てきてリンクしている面もある。普通の人には全く縁のない世界だが、相続についての法律や税金の話も非常に興味深い。下巻へ。2014/06/28

James Hayashi

23
元弁護士がハワイに住むが、ある日本の謎の人物から孫に莫大な遺産を譲り、それもノータックスでとの依頼。事細かな米国での事情から始まったストーリー。意外に面白いので下巻も読みたいが。2020/03/09

はな

21
ハワイでの優雅な生活、ハワイの説明・・・などなど前半ページが先に進まず・・・しかし後半から一気に面白くなってきたわ。下巻へ続く2019/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/567527

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。