幻冬舎文庫<br> 廃用身

個数:
電子版価格
¥742
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

幻冬舎文庫
廃用身

  • 久坂部 羊【著】
  • 価格 ¥781(本体¥710)
  • 幻冬舎(2005/04発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/20~8/25)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月22日 03時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 404p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784344406391
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

廃用身とは、脳梗塞などの麻痺で動かず回復しない手足をいう。神戸で老人医療にあたる医師漆原は、心身の不自由な患者の画期的療法を思いつく。それは廃用身の切断だった。患者の同意の下、次々に実践する漆原を、やがてマスコミがかぎつけ悪魔の医師として告発していく―。『破裂』の久坂部羊の、これ以上ない衝撃的かつ鮮烈な小説デビュー作。

著者等紹介

久坂部羊[クサカベヨウ]
大阪府生まれ。大阪大学医学部卒業。医師。2003年、『廃用身』で作家デビュー
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

373
年始で図書館の配本が遅滞しているため、コミュニティの医療小説BEST投票で上位にランクし、未読の久坂部 羊のデビュー作『廃用身』を読みました。よくデビュー作がその作家のBEST作品であるという説がありますが、本書はそのパターンかも知れません。究極の医療オゾミス、衝撃的な傑作でした。こういう作品を読むと、なるべく早く尊厳死法制を整備して欲しいと、切に思います。私は、廃用身を切断して生き永らえるよりも、尊厳死を望みます。 2021/01/15

ミカママ

358
ううむ。作者ご本人が現役ドクターということで、パラレルワールドを読まされたような。私が老年になる頃には、日本人の3割が...ということで、考えること多し、にしても読後感は重い。2016/12/13

青乃108号

236
【廃用身】麻痺で動かなくなり、回復の見込みのない手足のことをいう医学用語。老人介護の現場の様々な場面で本人並びに介護職員の負担となる老人の【廃用身】。その手足を切断してしまう事によって両者の負担を軽減しようとする試みを【Aケア】と名付け、十数人の老人に対し行った医師の手記が前半パート。読み始めはそんな酷い話が、と眉間に皺を寄せながら読んでいたが、段々とその有用性を信じ始めてしまう。後半パートに移り、信じてしまった【Aケア】が様々な角度から検証され、医師の正体が明かされた時…構成の巧みさにうならされます。2022/09/16

ちょこまーぶる

200
大変興味深い内容でした。確かに介護保険が施行される前は、一種の介護保険に対する幻想のようなものも(いい意味で)あったかもしれないが、施行されると同時にその法の化けの皮が剥がれてしまい、より一層将来の介護に対しての危機感が募ったのは、事実だったように思える。この話は、Aケアという一種異常ともいえる施術を通して見事に超高齢化社会における家族・人間・社会それぞれの関係性の中の介護問題を予見し、問題視した作品と言える。見事である。2013/04/11

nobby

198
これはまた素晴らしい作品に出逢えた。Aケアなどという存在や後半の様々な事件等は、あたかもノンフィクションを思わせる白熱の展開に一気読み。福祉に10年以上携わっていて、廃用身という言葉も初めて聞いたが、それを切断することによる介護する側される側双方の利点有りという提言は違和感はあるものの簡単には否定出来ない…何より老化・認知症についての描写が現職ケアマネとしても生々しくも読みやすい。それにしても漆原先生の遺書がせつない…2014/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574045
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。