幻冬舎文庫<br> 魂の叫び―J2聖戦記

幻冬舎文庫
魂の叫び―J2聖戦記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784344402164
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0195

内容説明

あの興奮を覚えていますか?一九九九年十一月五日。サガン鳥栖を延長Vゴールで破り、悲願のJ1昇格を果たした川崎フロンターレ。ガッツポーズの裏にはキャプテン中西哲生をはじめ、イレブンの三年にわたる苦闘があった。熱い「聖戦」の軌跡を余すところなく収録し、未だサッカーファンを魅了し続ける傑作ノンフィクション、待望の文庫化。

目次

第1章 バックパスの行方
第2章 いつも不安と一緒だった。―中西哲生の日記から(またロスタイムにやられた;衝撃;ベンチでの開幕;空転 ほか)
第3章 地獄に射す光

著者等紹介

金子達仁[カネコタツヒト]
1966年神奈川県生まれ

戸塚啓[トツカケイ]
1968年神奈川県生まれ。冷静な観察眼と豊富な知識で「ナンバー」「ぴあ」などで活躍するスポーツライター

中西哲生[ナカニシテツオ]
1969年愛知県生まれ。名古屋グランパス、川崎フロンターレを経て、現在はスポーツキャスターとして活躍
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふろんた

9
1999年のJ2川崎フロンターレを選手の目線で綴ったノンフィクション。新加入選手との折り合い、シーズン途中の監督交代、怪我による離脱と代役選手の活躍によるスタメン落ちの危機、J1昇格にかかる重圧。1シーズンを通すとほんとにいろんなことがあり、勝つことの難しさ、執念が伝わってくる。J2で揉まれ勝利したチームをJ1に送り出す。その昇格チームがJ1で通用することが、J2で戦うものの誇りであり、目標であるというJ2独特の一体感もいい。J2時代を知らない川崎サポーター、そして選手に是非とも読んでいただきたい本だ。2012/10/05

ホリエンテス

1
フロンターレのJ1昇格を逃した話を中西哲生が振り返るノンフィクション。昇格に向けて追い込まれたピリピリした感じが感じられて入り込める。2011/06/01

ふっかー復活委員長

1
J2の死闘を通じ「実力差」だとか「格の違い」なんて誰が決めた?と問う一冊。昨日のレアルvs鹿島の試合にも通じる部分があった。勝とうと全力を尽くしたけど負けた→物凄く悔しい→勝つために工夫するという当たり前のサイクルをどれだけ突き詰められるか。大物相手に頑張ったね、という称賛も、やっぱり勝てるわけないね、という冷笑もいらない。鹿島は本気で勝たなくてはいけないと臨んでいたことに価値がある。あと、J入れ替え戦の復活を希望したくなった(笑)2016/12/19

TAK

1
川崎サポーター必読の本。04年以降は右肩上がりだったクラブにもこういう時期があった事を知っておくべきだし、それを知る事で浮き沈みが当然あるのだと言う事を感じてもらいたい。2012/01/08

嬉川

1
サッカーにかける情熱と、勝敗が持つ重みを知ることが出来ました。サッカーを見る目が変わりました。2005/05/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/215884

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。