#塚森裕太がログアウトしたら

個数:

#塚森裕太がログアウトしたら

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 18時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 352p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784344036901
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

「俺は、同性愛者です」
高3のバスケ部エースがSNSでカミングアウト。彼の衝動は思わぬ波紋を広げ……。   
ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る」の原作者、待望の最新作。


「登場するすべてのひとの気持ちが胸に迫って、読みながら必死に声援を送りました。たぶん誰もが、この小説のなかに「自分」の姿を見いだせるはずです。」三浦しをん氏推薦!
高3のバスケ部エース・塚森裕太は自分がゲイだとInstagramでカミングアウト。それがバズって有名に。
このカミングアウトが、同じ学校の隠れゲイの少年、娘がレズビアンではないかと疑う男性教師、塚森を追いかけるファンのJK、塚森を崇拝しているバスケ部の後輩へと変化をもたらしていく。そして塚森自身にも変化が表れ…。
作り上げてきた「自分」からログアウトしたら、「本当の自分」になれると思っていた――痛みと希望が胸を刺す青春群像劇。

内容説明

「俺は、同性愛者です」高3のバスケ部エースがSNSでカミングアウト。彼の衝動は思わぬ波紋を広げ…。痛みと希望が胸を刺す、青春群像劇。

著者等紹介

浅原ナオト[アサハラナオト]
小説投稿サイト「カクヨム」に2016年10月より『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』を投稿開始、18年書籍化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

papako

73
今回はどんな感じ?同性愛者だとカミングアウトした『塚森裕太』バスケット部のエースである彼のカミングアウトで広がる波紋と違和感。彼は無事にログアウトできるのか?『塚森裕太』に合わせて行動してしまう自分に違和感を覚えて、どうにか本当の『俺』になりたい塚森くん。周りは勝手に美談に仕上げていく。本人置き去りの間は、正直『なんだかなぁ』最後に本人の章になってからは、なんとか腑に落ちる場所に着地して欲しいと勝手に願いながら読んでいましたが、少し消化不良気味に読み終わりました。もう一度読まないと飲み込めないな。2021/10/28

さおり

56
途中まで読み進めてた段階では、浅原ナオトさん流の部活をやめる桐島くんかなって感じだった。で、後半になったら「君には平野啓一郎を読むことをおすすめする!」と思った。そして読み終えた今思うのは、塚森裕太はこっからだよな、ってこと。気持ち悪いのは自分だけじゃないよ。たぶん、全員気持ち悪いとこあるんだよ。私は大学生になって酒を覚え、高校時代の友人と再会して飲んだとき、「さおりちゃんも人間だったんだね。高校ん時、ずっと天使と思ってた」って言われました。あれは天使だったんじゃなくて、単に心の痛覚が死んでたんだけどね。2021/01/10

32
📚47冊目【★×5】感想が難しい。LGBTや思春期の心情について、触れることができます。物語の構成が良くできていると思います。私はこの本の表紙装画を見て、言葉にはできませんが「違和感」を覚えました。読んでいくと、その「違和感」の正体が分かりました。正直、読むことを諦めようと思ったのですが、今では読んだことに後悔はありません。——自分ですら、「自分」という存在が分からないことがある。生きていくことは難しい。—— 2022/01/15

はじめさん

31
連作短編。昨年インハイ出場、バスケ部のエースがインスタでゲイをカミングアウト。学校なんかでもザワッとなるが、進学校だとみんな理知的なので好意的に受け入れられる。イケメンだしね。彼のカムアウトを快く思わない、同じ学校のゲイや、中学の娘がレズなのを知ってショックな教員、異性としても意識してついてきたファン女子、憧れてきたのに裏切られたと感じるバスケ部後輩、そして当人。彼らが用いるTwitter、Facebook、Instagram、LINE、ログインした先でのやりとりと、意識が肉体にログインしているという感覚2021/02/27

水零

30
「全然わかってねーな」と言われたって私はきっと言い返せない。理解ありますよってすましていた善人ヅラは跡形もなく砕け散る。容姿、性格、成績、運動神経…全てをもっているスーパー高校生、塚森裕太がゲイだとカムアウトしたら。彼を好きなあの子は、もって“いない”側のゲイの同級生は、彼に憧れる後輩は、何を思うだろう。激励、戸惑い、嫌悪どんな感情をも君は鮮やかに受け止める。だって塚森裕太なのだから。ー塚森裕太をログアウトしましたー君は今、幸せですか?君の気持ちは、私には一生わからない。けれど私は絶対に、否定しない。2020/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16749948
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。