三ツ山大祭と祭りのこころ

個数:

三ツ山大祭と祭りのこころ

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月25日 18時24分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784343008176
  • NDC分類 386.164
  • Cコード C0021

内容説明

巨大な三基の置き山、時代絵巻のような五種神事、伝統の「造り物」復活―城下町を舞台に多くの人で賑わった播磨国総社の「三ツ山大祭」。五百年の歴史を持ち、二十年に一度巡り来る古祭のルーツに迫る。

目次

「三ツ山大祭」のすべて
播磨国総社と伊和神社―三ツ山のルーツをめぐって
ヤマの祭りと芸能―三ツ山大祭で演じられた幸有・丹鶴・能
総社の歴史と三ツ山大祭
造り物と城下町の賑わい
灘のけんかまつり―その起源と魅力
「松ばやし」と博多どんたく―将軍足利義教と大名赤松氏を中心に
鎮魂の祇園祭―播磨との縁
東北復興を願う「相馬野馬追」
日本の祭りと日本人