1行読んでおぼえる難読漢字

個数:

1行読んでおぼえる難読漢字

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 20時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784340100033
  • NDC分類 811.2
  • Cコード C0081

内容説明

難読漢字と戦くなかれ。大きな文字と瑞瑞しい文章が頗るうれしい。本書を只管読めば泰斗の名も恣に。たった一行で読み方だけでなく、意味や使い方もわかる。

目次

第1章 日本人としての常識が試される漢字(水中の生きものと空飛ぶ鳥;動物と虫たちのふしぎな世界 ほか)
第2章 読めなさそうでやっぱり読めない漢字(食卓を賑わすさまざまな料理;飲み物とお菓子でちょっと一息 ほか)
第3章 五十年前はみんな知っていた漢字(古いけれど格好いい服装;美しくもきびしい自然現象 ほか)
第4章 さらりと読めば一目おかれる漢字(時代劇にも出てくる職業;性格や態度を表すことば ほか)

著者等紹介

藁谷久三[ワラガイヒサミ]
1931(昭和6)年、東京に生まれる。1953(昭和28)年、東京大学文学部卒業。言語表現研究家、著述業。学研『English Echo』編集長、博報堂PR兼制作ディレクター、ピーアール企画社長、東京工学院芸術専門学校教授などを歴任する。漢字に傾注し、独自の研究成果で評価を受ける。いかに漢字脳を鍛えるかを提起した著作で知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かめぴ

4
その1行が面白い。2016/05/07

ねこママ

2
この本を一回読んだからといって難読漢字を覚えられるというもんではないけれど、1行の短文で意味や読み方が分かるという本は今まで見たことがないです。そういう意味では興味深い本でした。2011/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1100259

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。