待ち行列理論

個数:

待ち行列理論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月19日 06時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784339060737
  • NDC分類 417
  • Cコード C3041

出版社内容情報

★本書は『書評空間 KINOKUNIYA BOOKLOG』にエントリーされています。

内容説明

本書は、待ち行列理論の基礎的事柄について、丁寧に解説したものである。待ち行列の理論をできるだけ、標本過程に対する直感的な議論から解説した。もう一つの本書の特徴は、フリーな数値計算ツールの利用である。

目次

1 確率
2 ポアソン過程
3 リトルの公式
4 マルコフ連鎖
5 待ち行列
6 M/M/S/S
7 M/M/S
8 出生死滅過程
9 ポラチェック‐ヒンチンの公式
10 待ち行列ネットワーク

著者等紹介

大石進一[オオイシシンイチ]
1976年早稲田大学理工学部電子通信学科卒業。1981年早稲田大学大学院博士後期課程修了(電子通信学専攻)。工学博士。1984年早稲田大学助教授。1989年早稲田大学教授。現在に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。