音響サイエンスシリーズ<br> 聴覚の文法

個数:
  • ポイントキャンペーン

音響サイエンスシリーズ
聴覚の文法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 18時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784339013283
  • NDC分類 491.375

内容説明

「われわれがことばをしゃべり、理解できるのは、聴覚系に文法の核が備わっているからだ」―大胆な仮説のもと、ゲシタルト原理や聴覚情景分析の知見をふまえ、文法のもととなり、また文法から導き出された錯聴現象を軸として、音声、音楽の体制化を語る。

目次

第1章 音の世界を組み立てる―聴覚体制化(聴覚と視覚;知覚系による世界の構築 ほか)
第2章 音の世界を作り出す―錯聴(錯覚研究の意義;錯聴研究の歴史 ほか)
第3章 音の世界を組み立て、作り出す仕組み―聴覚の文法(音脈、音事象、音要素;簡単な文法 ほか)
第4章 聴覚の文法の展開(聴覚の文法の意義;音声と聴覚の文法 ほか)

著者紹介

中島祥好[ナカジマヨシタカ] [Remijn,Gerard B.]
1978年東京大学文学部第4類卒業。1979年東京大学大学院人文科学研究科修士課程(心理学専攻)中退、大阪大学助手。1984年九州芸術工科大学助手。1990年文部省在外研究員(ライデン大学ほか)。1992年九州芸術工科大学助教授。1999年博士(芸術工学)(九州芸術工科大学)。2000年九州芸術工科大学教授。2003年九州大学教授(大学統合のため)

佐々木隆之[ササキタカユキ]
1976年東北大学文学部哲学科卒業。1978年東北大学大学院文学研究科博士前期課程(心理学専攻)修了。1981年東北大学大学院文学研究科博士後期課程(心理学専攻)単位取得満期退学、東北大学文学部助手。1983年宮城学院女子大学助教授。1993年宮城学院女子大学教授。2010年博士(文学)(東北大学)

上田和夫[ウエダカズオ]
1984年京都大学文学部哲学科卒業。1987年京都大学大学院文学研究科修士課程(心理学専攻)修了、株式会社ATR視聴覚機構研究所研修研究員。1990年京都大学大学院文学研究科博士後期課程(心理学専攻)研究指導認定退学、株式会社ATR視聴覚機構研究所奨励研究員。1992年ボルドー第2大学音響心理学研究所客員研究員。1993年京都府立大学講師。1999年博士(文学)(京都大学)。2000年九州芸術工科大学助教授。2003年九州大学助教授(大学統合のため)。2007年九州大学准教授

レメイン,ジェラード・B.[レメイン,ジェラードB.]
1990年ライデン大学人間社会学部心理学科卒業。1994年ライデン大学大学院心理学研究科修士課程修了。2003年九州芸術工科大学大学院芸術工学研究科博士後期課程(情報伝達専攻)修了、博士(芸術工学)。2005年日本学術振興会外国人特別研究員。2007年金沢大学21世紀COEプログラム博士研究員、金沢工業大学人間情報システム研究所共同研究員。2009年金沢大学医薬保健研究域脳情報病態学博士研究員。2010年九州大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)