服部半蔵―家康を天下人にした男〈下〉

個数:

服部半蔵―家康を天下人にした男〈下〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年03月05日 15時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 265p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784338356022
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

織田信長が本能寺に倒れる。家康の天下統一の夢の前に立ちはだかったのは、かつて猿と呼ばれていた男、豊臣秀吉だった。

内容説明

桶狭間の戦い、三河一向一揆、長篠の戦い、本能寺の変…苦難の果てに、家康と半蔵は徳川の世を手にすることができるのか!?

著者等紹介

小前亮[コマエリョウ]
1976年、島根県生まれ。東京大学大学院修了。専攻は中央アジア・イスラーム史。2005年に歴史小説『李世民』(講談社)でデビュー

遠田志帆[エンタシホ]
1979年、秋田県生まれ。イラストレーター。装画や挿絵などで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

がらくたどん

56
家康と半蔵は共に三十路を超えすっかり「一人前」だが天下は遠い。信長の強大さに弱気な家臣モードになりそうな家康を宥め励ます家臣団こそ徳川の強み。その中でも「天下、天下!」と家康の尻を叩き「忍びじゃねえし」とぼやきながらキッチリ忍び働きをこなす半蔵との関係はもはや主従をこえてコンビ愛♪児童書ならではの寄り道・脇道が絡み過ぎない物語は徳川天下取りの歴史を追いながら「テッペン取ろうぜ」と夢を追う相棒物語としても楽しめる。機会があったら第4章の扉絵だけでも見て欲しい。半蔵は天下を見ずに病没するがまさに名相方だった。2023/05/16

ハニワ

2
家康とのタッグがますます濃厚に。後書きの小前さんの『歴史はずっとつながっていますから、景色は少し変わっても、空間は変わりません。』というコメントには、私も共感。歴史好きは、いずれフィールドワークが大好きになる、これ、あるあるですよ。観光地より、歴史のゆかりの地、舞台の跡地や〇〇終焉の地とか、もう聖地(笑) 次は真田十勇士読もうかな。 2023/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20661938
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。