ブルーバトンブックス
ペーパープレーン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 228p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784338308038
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

出版社内容情報

学年行事で”しりとり大会”だなんて、ドッジのほうがよかったのに…ぼくと健太のしりとり大作戦がはじまった!

内容説明

とまっていた時間が、ふたたび流れはじめた。自分がすべきことがわかった。この紙ひこうきも、父親にむかって飛ばそう。われに返ったディランは、前にかけだしながらはずみをつけ―真上の天井へむかって紙ひこうきを飛ばした。

著者等紹介

ワーランド,スティーブ[ワーランド,スティーブ] [Worland,Steve]
作家、脚本家。オーストラリアのシドニーで生まれ、幼少期を東京で過ごす。2000年公開の映画『タップ・ドッグス(Bootmen)』の脚本や、アクション小説「ジャド・ベル&コリー・パーチェイス」シリーズ(未訳)などを執筆。『ペーパープレーン』の映画版で、オーストラリア・アカデミー賞のオリジナル脚本賞を受賞

井上里[イノウエサト]
1986年生まれ、早稲田大学第一文学部卒。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はる

61
爽やかです。母親を事故で亡くしたディラン。父親もショックで無気力に。鬱屈とした日々の中、母親と紙飛行機で遊んだ記憶が、彼の運命を思いがけずに変えていく…。紙飛行機の才能に気付いたディランは日本人の少女ミキと出会い、ついに世界大会の行われる東京へ…。紙飛行機の飛んでいく感じがわくわくとして良いですね。日本が結構出てくるし。児童文学らしい真っ直ぐな物語に好感が持てます。お祖父ちゃんとのやりとりが微笑ましくて好き。2018/04/07

ぶんこ

40
母親を事故で亡くし、すべてに無気力となった父親との二人暮らしの中で、母から教わった紙飛行機に魅せられ、世界大会にまで行った12歳の男の子ディラン。自分の悲しみの世界に閉じこもってしまった父親を思いやる優しさにキュンとなります。12歳で、ただ飛ばすだけではなく、色々と研究するところや、周囲の人の教えに素直に耳を傾けるところなど、キュンの2乗!鷲のクライブへの畏敬の念を持っての関わり方も素敵でした。紙飛行機に世界大会があること、今年(2018年3月)JALの全国大会が開催と訳者あとがきに書かれていました。2018/04/27

美紀ちゃん

38
紙飛行機を折たくなる!そして飛ばしてみたくなる。ママが折り方を教えてくれた紙飛行機。「折り目がちゃんとついてると、紙がきれいに空気を切りさいてくれるのよ。」折り目を爪で挟んでピンとのばす。大事なのは勝ち負けじゃなく、美しいものを作ること。人をはっとさせるようなものを。パパのことも良かった。ワクワクした! 2020/07/20

たけまル

30
これは、母親を事故で亡くしたディランと、日本人の少女ミキが紙飛行機の世界大会に出場する物語。 ある日、学校の授業で紙飛行機の才能に気づいたディランは、お爺ちゃんや、母親との記憶や、ミキや、時には、お父さんが彼を助けて、彼の運命を思いがけず変えていく。 メッチャ紙飛行機を作りたくなる、それに、大事なのは勝ち負けじゃなく、美しいものを作ることって思わせくれる。2021/03/25

izw

8
地元で紙飛行機の大会に出場し、日本で開催される世界大会にも出場するという夢を実現した物語。最後は感動してウルっときました。オーストラリアで制作された映画のノベライズだということを訳者あとがきで知り、予告編はYoutubeに揚がっています http://bit.ly/2U7enmQ が、本編が日本でも上映されないかと期待しています。2019/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12609029

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。