エヴリデイ

個数:

エヴリデイ

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年12月09日 18時58分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 401p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784338287166
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

出版社内容情報

目覚めたら、すぐに「自分がだれか」を把握しなければならない。なぜなら、Aは毎朝、違う人物のからだの中で目覚めるから。共通点は、からだを借りる相手はかならず16才だということ。16才なら、男でも女でもあり得る。住んでいる場所がメリーランド州の一定範囲内であること。からだを借りるのは、一日だけであること。そして、二度と同じ人物にはならないこと。肉体も名前も持たない彼/彼女は、自分のことを「A」とだけ、呼んでいる。

デイヴィッド・レヴィサン[デイヴィッドレヴィサン]
著・文・その他

三辺律子[サンベリツコ]
翻訳

内容説明

毎日、だれかのからだで目覚める。毎日、ちがう人生を生きる。毎日、きみに恋してる。「こんなにも近くにいるのに、届かない…」マーガレット・A・エドワーズ賞受賞作家が贈る、究極のラブストーリー。

著者等紹介

レヴィサン,デイヴィッド[レヴィサン,デイヴィッド] [Levithan,David]
1972年、ニュージャージー州生まれ。2003年に『ボーイ・ミーツ・ボーイ』(ヴィレッジブックス)でデビューし、ラムダ賞を受賞。以来、LGBTやジェンダーをテーマに数多くの作品を発表。その他の作品に、ジョン・グリーンとの共作『ウィル・グレイソン、ウィル・グレイソン』(岩波書店)などがある。出版社でYA作品を手がける編集者でもある。2016年には、優れたヤングアダルト作家に与えられるマーガレット・A.エドワーズ賞を受賞

三辺律子[サンベリツコ]
東京都生まれ。聖心女子大学英語英文学科卒業。白百合女子大学大学院児童文化学科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

144
このタイトルと表紙は、読んだ後では深く重い。LGBT関連についてよく書かれる作家さんであるようだ。しかし、これはそこから一歩はみ出している。そして設定がとても苦しくてこわい。こんな苦しい生を受け入れることは私には出来ないし、そこに愛した人を巻き込むことは絶対にしたくない。読みやすく、若い人が手に取りやすい内容だろうが、含むものの悪魔的なものが私には本当に身震いする程で、自分が思春期の頃には読みたくなかったと思う。2019/03/11

mocha

99
毎日違う人間の中で目覚めるA。自分の肉体を持たない存在の彼(?)が恋をする。こんな設定を無理なく読ませるのがまずスゴイ。切ないラブストーリーとしてもよくできているけれど、毎日違う宿主たちの生きかた、ジェンダー、家族などが内側から描かれていて、アメリカのティーンエイジャーの図録のようでもある。アイデンティティを模索する10代、体と心の在り方ついて考えさせてくれる本だと思う。2020/05/03

☆よいこ

85
YA。現代SF、すごく良かった!▽毎朝、まったく違う肉体の中で目覚める存在。ルールは、自分と同じ年齢の人物の中で目覚めること。地域的にはそう遠くなく、数時間で移動できる距離の範囲内。宿主の体のコントロールを一日だけ借りて生きる。仮の名は「A」。Aは初めて真剣に恋をした。ある日の宿主ジャスティンの彼女、リアノンに強く惹かれ、彼女のことが忘れられなくなった。毎日肉体が変わってしまう「A」の恋は実るのだろうか▽たくさんの人物が登場し、様々な人生を一日だけ体験するAにドキドキした。三辺律子さんの訳は最高だと思う。2019/02/06

らぱん

65
面白い。年齢設定が子供と大人の間の16歳なのが絶妙で、肥大する自我を持て余し人間関係の複雑さに悩む年頃だろう。主人公Aは実体のない純粋な意識体で毎朝違う身体で目覚め、その肉体において一日限りの生を生きる。まさに借り物で、かりそめの一日の連続がAの毎日なのだ。LGBTに触れる若年層向けの恋愛物語で奇抜な成長譚だが主題は深い。アイデンティティとは何か。肉体はただの容器なのか。他者からの存在承認が皆無でも自己を確立し保てるか。密度の濃い恋愛は人格形成や深化に多大な影響を与える。Aは恋をして前より大人になった。↓2019/05/13

星落秋風五丈原

55
相手と長く付き合う時間があった場合、長い時間を一緒に過ごすから、乗り越えられない壁だと思っていた事がささいな問題に思えてくる。だが、もし、好きな相手とたった一日しか、同じ姿で生きていけなかったら、それでも相手は、変わり続ける自分を愛してくれるだろうか?例え本質は何も変わっていないとしても?成り代われる年齢設定を16歳にしたのは、多感で経験不足で失敗しがちな年齢であるからだ。失敗を恐れずに純粋でいられるぎりぎりのタイムリミットとも言える。読了した後でじっくり表紙を見直してみては?2018/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13123675

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。