いろいろな月―わたしの月、ガリレオの月

個数:

いろいろな月―わたしの月、ガリレオの月

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月16日 21時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784338280044
  • NDC分類 K400
  • Cコード C8344

内容説明

むかし、ガリレオは望遠鏡で月をよく見て、山や谷があることにびっくり。現代のわたしたちも、そんな感動をとりもどそう。

目次

第1部 わたしの月(月はまん丸か―満月の夜に;いろいろな月―形がちがう月;月はお盆かボールか―月は平たい円か、丸い球か;どんな月の形が見えるか?―レモンの形もある;月の実験器をまわしてみる―黒と黄色のボールをまわす ほか)
第2部 ガリレオの月―月は動いている(望遠鏡の発明;ほかの惑星の衛星も見つかった;天動説から地動説へ;科学の発展)

著者等紹介

板倉聖宣[イタクラキヨノブ]
仮説実験授業研究会代表。1930年東京の下町生まれ。東京大学で科学の歴史を研究して、1958年理学博士の学位を得て国立教育研究所に勤める。1963年“仮説実験授業”を提唱。1983年『たのしい授業』を創刊。評価論・教育史・発想法など広い分野の研究を推進して、社会の科学の研究・教育にも従事している

重弘忠晴[シゲヒロタダハル]
仮説実験授業研究会会員。1947年東京都足立区生まれ。早稲田大学第一文学部卒。学生時代に板倉聖宣著『科学と方法』を読んで、教師になった当初から仮説実験授業を実施。千葉県松戸市内の小中学校の勤務を経て、2007年定年退職。以後、「仮説実験授業50年史」編纂室長として活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mikipon

9
たまにこういう勉強に役立ちそうな本を混ぜておくと、読んでいる娘。熱心に読んでいました。そろそろ理科で習う時期かな。家の辺りは空が明るくて星がほとんど見えません。月の観察が精一杯。2014/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7220016

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。